Herpa 新製品情報 MAY-JUN/2017
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの新製品が発表された。結論から言うと久々のヒットである。全体的にはリリース数14、再リリース数7と標準的。14種の新モデルでは架空モデル、軍用機が無い。派手な特別塗装機もなし。というわけで、コレクション対象としては中身の濃いリリースとなる。声を上げるほどのサプライズはないもののそれなりの新機材、新デザイン機もいくつかある。
さらに、再販モデルでは単にレジ違いではなく新しいシリーズが発足する。これがなかなか今後が楽しみとなる。
地域別では先回に続いてヨーロッパ勢が8、アジア3、北米2、オセアニア1と偏重振りが定着してきた。ワイドボディ機が8種と過半数というのも嬉しいが、機種のバリエーションはかなり寂しい状況。
メーカー別ではこれも前回と同様Boeingが10種と最多。Airbusはわずかに2種、FokkerとJu52が各1種と地域性とは異なりBoeingの独壇場となりつつある。先回に続いてB767-200がリリースされる。クラシックな機体が今後増えて来るんだろうか。反面EmbraerやBombardier、ATRも無し、旧ソ連機もない。貨物機も今回はゼロである。3発機に関しても今回は収穫無しである。

ではいつもの通り順次見て行こう。
●529983 Asiana Airlines Airbus A350-900 [HL8078]
機材がNEW!今回の目玉と言っていいだろう。今年登場予定のAsiananoA350.確定30機、オプション10機を発注している。しかしLCCとの競争の激化をうけ、自らもAir SeoulというLCCを設立し、経営環境は激しく変化している。今後の路線が楽しみである。HL8078はA350の初号機となる。当然買い(◎)。

●530118 Alitalia Boeing B777-200 [I-DISU] "Madonna Di Campiglio"
デザインがNEW!2002年12月12日にデリバリ。現在10機の777を運航中。2015年に変更した新デザインでのモデル化がA330に続いて実現。これも当然買い(◎)である。

●530125 American Airlines Boeing B757-200WL [N179AA]
2002年2月14日デリバリと言うから今から丁度15年前となる。B757は日本で名は地味も薄いが、American航空ではまだ51機が活躍している。ある意味中核フリートの新デザイン機がようやく登場。しかしながら小型機なので一応パス(△)。

●530132 Austrian Airlines Boeing B777-200 [OE-LPD] "Spirit of Austria"
デザインがNEW!2007年1月30日デリバリとこちらは丁度10年。昨年導入されたマイナーチェンジデザインでの登場である。ワイドボディ新デザイン機はB767に続いてのモデル化となる。これも買い(◎)

●530149 China Southern Airlines Boeing B737-800WL [B-5718]
2013年2月27日デリバリ。B737NGも155機を数える。-800はそのうち128機を数える一大勢力である。ただ同社はA320シリーズを247季所有していて、中国とその近隣の輸送を支えている。国際・東方・南方を合わせると小型機だけでアメリカのSouthwest Airlineに匹敵する規模となる。しかしそんな3社の小型機もあまりモデル化されていない。関空での常連といえばA320/B737である。小型機だけどここは買い(○)である。

●530156 QANTAS Airbus A330-300 [VH-QPJ] ”Port Stephens"
デザインがNEW!2005年12月20日デリバリ。目玉第2弾。昨年発表された新デザイン機が登場。前足が省略され、機体後部の赤い部分にシルバーのラインが施された。これまた当然買い(◎)。

●530163 TUI Airlines Belgium Boeing B787-8 [OO-JDL] "Daimon"
機材がNEW!2013年12月3日にJetairFlyとしてデリバリされ2016年10月19日を持ってTUIグループがTUI Airlinesのブランドで統一された。昨日-8が新コレクションに加わったばかりだが、どうしたもんかなぁ。一応買い(○)としておこうか。

●530170 Norwegian Long Haul Boeing B787-9 [EI-LNI] "Greta Garbo"
機材がNEW!2016年2月23日にMg Aviationからリース導入された。固有名Greta Garboはノルウェー出身のハリウッドの大スター女優で。本国では切手や紙幣の肖像画にもなっているほどの有名人である。Norwegianが尾翼のデザインも異なるので買い(◎)だなぁ。

●530187 United Airlines Boeing B767-200 [N607UA] "Rainbow - Saul Bass colors / City of Denve"
目玉第3弾。01/09/1982年9月1日にデリバリ。 30機を発注して同機種のローンチカスタマーとなった。今は全機退役しているものの767シリーズはまだ50機以上が同社で現役である。同機は2003年に一時保管扱いとなった後、2008年タイのSkystar Airwaysに売却され2011年8月には同じくタイのJet Asia Airwaysに移籍された。昨年2016年8月には再び保管状態となっている。B767-200とは嬉しい。しかも赤青のUnitedカラーである。純粋に懐かしいデザイン。これも当然買い(◎)。

●530194 Ju Air Junkers Ju52/3m [HB-HOS] IWC
元々は1939年に製造された機体らしくその後Swiss Airforceに所属していた。Ju-Airはスイス空軍所縁の組織で1982年に設立された。空軍のお下がりである4機のJu52/3mなどを使って遊覧飛行を行っている。同機は1983年から運航を始めている。面白い機材ではあるものの小型機ゆえパス(△)かなぁ。

●530248 Lufthansa Boeing B737-200 [D-ABBE]
1969年12月15日にデリバリ。当初は-100型に固執したLufthansaだったがすぐさま-200も追加発注して導入したのだろう。1985年Presidential Air(アメリカ)、1988年COPA Airlines(パナマ)、1999年Aerosucre Colombiaに移籍しその後解体された。小型機ゆえパス(△)。

●530224 Iran Air FokkeF100 [EP-CFO]
これはまた珍鳥。昨年BoeingとAirbus両社に新機材を大量発注したIran Airだがトランプ政権の動きによっては機材構成が変わるかもしれない。元々12/09/1992年9月12日にChina Eastern Airlinesにデリバリされた機体。その後1998年TAMなどを経て2007年8月20日に導入された。いいセレクションだけど小型機なので見送り(△)。

●530217 Air France Boeing B787-9 [F-HRBA]
機材がNEW!2016年12月1日にAercapからリース導入されたぴかぴかの新造機。同社のB787初号機となる。予想されていたとはいえ、やはり嬉しい。買い(◎)。

●530200 KLM Royal Dutch Airlines Boeing B737-700WL [PH-BGP] "Pelikaan"
2011年5月9日にCitからリース導入された。固有名はPelikaan。小型機ゆえパス(△)。

続いて再販モデルである。
●529266-001 USAF Boeing E-4B Nightwatch [74-0787] "Advanced Airborne Command Post - 55th Wing 1st ACCS"
1974年10月15日デリバリ。現在の所属はアメリカ空軍第55航空団第1ACCS(Airborne Command & Control Squadron:機上指揮管制飛行隊)。丁度一昨日、アメリカのマティス国防長官が来日した時に乗ってきたのがこの機体だった。話題性はあるが、再販、軍用機なのでパス(△)かなぁ。

●529136-001 Swiss Global Air Lines Boeing B777-300E[HB-JNF]
2016年7月22日にデリバリされた機体。大きな機体なのでてっきりSwiss International Air Lines所属かと勘違いしていたが正確にはSwiss Global Air Lines所属らしい。なんだかややこしいが元々は2005年に設立されたSwiss European Air Linesという近距離専門の子会社だった。2015年に社名変更し長距離機材であるB773ERはこの子会社に導入されることになったと言う。再販機ゆえパス(△)。

●514965-003 Lufthansa Airbus A330-300 [D-AIKB] "Shark Skin green Efficiency" Cuxhaven"
2004年3月16日デリバリ。固有名はCuxhaven。ドイツ北部北海に面した港町に因んだ名前である。鮫肌塗装による燃費向上の効果を試験中の機体。単なるレジ違いでは無い機体だが、うーんパスかな(△)。

●511575-001 JASDF-Japan Air Self Defence Force Boeing B747-400 [20-1101]
再販、というかレジまで同じ?20-1102なら買いだけど。パス(△)。

●529037-001 Lufthansa Airbus A350-900 [D-AIX?]
レジは未定とか。再販機ゆえパスだな。

●527477-001 British Airways Aerospacial Concord [G-BOAF] Negus colors
1980年9月6日デリバリ。2003年退役し、イギリスのフィルトンに展示されている。再販ゆえパス。

●500302-001 America West Airlines Boeing B737-300 [N303AW]
シリーズがNEW!今回の最大の目玉!。1988年9月13日デリバリ。その後2006年12月20日US Airwaysに統合され他あと2011年11月に退役、保管状態となった。 一見普通の再販モデルである。しかしである。再販元の品番を見ると30番目(最後の2はチェック桁)。そう、Herpa再初期のモデルの再販なわけである。つまりはOGのNG化ともいえる。その名もHerpa Anniversary Series。シリーズというからには続くんだろう。初期の絶版人気モデルが復活する事を切に願う。25周年記念というケチな事は言わず、どんどん再販していただきたい。
スポンサーサイト
編集 / 2017.02.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード