FC2ブログ
大阪国際線の変遷を調べる(2)
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
大阪空港乗入れ変遷史である。時刻表のバックナンバーがないかとあれこれと思案する。JR/国鉄時刻表にも飛行機の時刻表が載っている。早速本屋で見てみると国内線だけである。おかしいなぁ、昔国際線欄を見た覚えがあるんだけど記憶違いか。10年ほど前、神田の古本屋で古い時刻表をチラ見した時も確か国内線しか掲載されていなかった。ただし、鉄道時刻表には2種類ある。JTB(交通公社)版とJR(弘済出版社)版である。どちらかに有ったのかもしれないし、昔は掲載されていた時期があったのかもしれない。

というわけで、今週、記憶を頼りに梅田の古本屋を訪ねてみた。鉄道雑誌や芸能雑誌、スポーツ雑誌のバックナンバーがずらりと揃うその中にわずかに時刻表があった。最古は1977年である。こちらは国鉄編である。ただ、モノが古いのでビニールでパッキングされている。こちとら純粋な鉄ちゃんでもないし、航空時刻表欄を確かめてみたいという理由だけで中身を確認させてくれとも言い出せなかった。ただ年代の割にネットで見るより格段に安かった。万一掲載されてなくてもこれはこれで往年の鉄道の息吹が感じられて面白そうではあるなぁ。その日は買わず、一旦別の方法を考えることにした。

翌日、これまた10数年ほど前、大阪環状線駅前に鉄道図書館なるものがあったのを思い出した。今でもあるかしらんとネットで調べてみると、やっている!しかーし!!なんとビルの建て替えで今年の5月には閉館してしまうと書いてあるではないか。仕事を早めに切り上げ早速JR野田駅に向かう。ずらりと並んだ時刻表。こちらはほぼJTB版(昔は交通公社版)である。最古は1966年である。図書館なので閲覧は自由である。さっそく手に取って航空欄をみてみる。60年代、70年代と見てはみたがやはり国内線だけしか記載が無い。この当時国際線に乗る人は鉄道の利用者とは全然かぶらなかったということなんだろう。閉館するとの事で一部販売とお聞きしたが販売分があるものの最古のものは1978年とのこと。ありゃ?先日行った古本屋さんと変わらんか。なのでここでは買い求めず、その足で梅田北新地の古本屋へと向かうことにした。とはいえ貴重な書籍の陳列があるので国内線リサーチの為だけにもできるだけ再訪してみたい。昔の鉄道ダイヤもちょっと見てみたい。

古本屋へGO、先日の時刻表はまだ売れ残っていた。1977年5月号である。1260円である。50年前の時刻表にしては格安ではないだろうか。因みに1978年版は1050円だった。帰宅後早速目次を確かめる。あー、やっぱり国内線だけか。やっぱり思いすごしやったか。しかし国内線も今に比べると驚くほど便数が少ない。東京~札幌線はB747SR、L1011が、東京~大阪線はDC8、地方幹線はDC-10とかB727が見られる。地方路線はYS-11全盛である。これはこれで貴重な資料である。鉄道といえば山陽新幹線が博多まで開通している。九州も北海道もかなり路線数が多い。特急列車も軒並み10両以上の長大編成。路線と言う路線には急行列車が頻繁に走っている。鉄道全盛期の時刻表ということで、こちらもなかなか味わい深い。結果としていい買いモノが出来た。

でもまだ新しい資料にはめぐり合えない。
スポンサーサイト



編集 / 2017.03.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード