FC2ブログ
最近の気になるニュース 2017早春編
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
前回以降の気になるニュースを。気が付いたときにはニュースを見ていたりするが、新モデル発表によってあとで気が付くニュースも結構ある。

◆Special livery◆Air Transat30周年記念特別塗装機
カナダのAir Transatが30周年を迎え、A330-300[C-GCTS]に特別塗装を施した。特別塗装といってもかなりシンプルで機体前部のホワイトボディから後部にかけて水色でグラデーションをかけ、尾翼に30の記念ロゴがあるだけである。特別塗装とはいえこういう創立記念関係はモデル化したら手に入れておきたいが。Sky500の格好のターゲットになりそう。

◆Founded◆IAGが長距離LCC会社LEVELを設立
機材はA330が2機。バルセロナ拠点に大西洋横断路線を運航する。IAGとしてはBA、IB、Vueling、AeroLingusに続く5社目のエアラインとなる。ホワイトボディに青と緑の2トーンを尾翼から胴体にかけて連続した袈裟懸けに配したシンプルなもので、2色はその名の通り水平に塗り分けられている。

◆Special livery◆EVA Air新サンリオ塗装機登場
3月4日、A333[B-16331]の新デザイン機「バッドばつ丸ピクニック」号が台北-福岡・ソウル線に就航。Hoganからまたモデル化されそうな機体である。

◆Special livery◆Fedexは恒例のパンダ輸送特別塗装機
2017年のパンダ輸送はアメリカスミソニアン国立動物園から、バオバオ(宝宝)を輸送するためのミッションだった。機材はB777F[N885FD]で、2月21日にワシントン・ダレス国際空港から成都双流国際空港への輸送となった。過去のデザインを踏襲したもので機首にパンダの写真が大きく描かれている。この写真がバオバオ自身なのかどうかは解らないが、過去のデザインと似たようなものだし、1回の輸送イベントようだとモデル化は期待薄かもしれない。

◆Delivery◆Korean AirがB787-9初号機を受領
Korean Airが2月22日B789の初号機[HL8081]を受領した。北米、ヨーロッパの長距離路線に投入される。2019年までに10機が就航する予定。A380のキャンセルもあったし今後Korean Airのモデルが発売されるかどうかは予断を許さない。

◆Order◆Air MauritiusがA350-900を2機発注
ALCからのリース導入となる。導入時期は2018年の秋ごろの予定。モデル化もまだまだ先だな。

◆Order◆Juneyao AirlinesがB787-9を5機発注
さらにオプションも5機。同社にとっての初めてのワイドボディ機となる。現在は近隣諸国への路線ばかりだがこの機材導入によって上海から北米、ヨーロッパ、オーストラリア線に路線を拡大させる予定。就航は2020年とのこと。まだまだ先だがモデル化候補である。

◆Special livery◆"Emirates SkyCargo with love"
Emiratesは大型機ばかりを大量に持ち合わせているため特別塗装機の数もはんぱなくなってきた。今回の特別塗装はバレンタインに向けての花の輸送にあわせたもので機材はB777F[A6-EFL]。ナイロビやキトなど赤道地帯や夏場の南半球から世界最大の花の市場であるアムステルダムへ花を輸送する季節便に施された塗装で機首に大きな赤いバラがあしらわれている。風物詩としては面白いが。Sky500の格好のターゲットのような気もするが実現されるか。

◆New Livery◆Air Canadaがデザイン変更
Air Canadaが2005年以来12年ぶりにデザインを一新した。新デザインとはいえちょっと懐かしい感じがする。薄緑の機体から2世代前のホワイトボディに回帰する。しかも尾翼は黒に、赤丸に囲まれたメープルリーフ。以前は濃い緑だったので全体的な印象は驚くほど似ている。カナダ建国150周年を記念したものらしい。エアカナダ自身も2016年で創立80周年を迎えている。デザインはカナダのWinkcreative社。まずは新規導入のB787-8[C-GHPQ]でのお披露目となった。これは近々Herpa辺りから出そう。

◆Order◆Singapore Airlinesが20機のB777-9と19機のB787-10を発注
Singapore AirlinesはB787-10のローンチカスタマである。すでに30機のB787-10を発注済みだった。一気にまた機材の一新を図る事になる。2020年代の代表的な機材になるだろう。ただし、これもまた機内販売限定となるんだろうか。

◆Delivery◆Iran AirがA330-200初号機を受領
新機材の大量発注分のデリバリが始まっている。その中のワイドボディ機としては初のA330-200EP-IJA[EP-IJA]が3月10日デリバリされた。嬉しい事に旧来のデザインのまま。うーんHerpaかSky500どちらでもいいから早くモデル化してほしい。

◆Order◆韓国新LCCのK Air Airlinesが8機のA320を発注
K Airは清州を拠点とするLCCとなる予定で日本にも乗り入れを表明している。ちょっと乱立気味と言えなくも無いが新会社飛来は純粋に楽しみである。なんとか韓国LCCモデルを取り揃えて行って欲しいものだが1/500では難しいかなぁ

最後に国内の話題を。
◆Special livery◆JTAが新ジンベエジェットを就航予定
ジンベエジェットと言えばピンクのジンベエが未モデルだが、新しく導入されるB738にも同様に2色のジンベエジェットが出現するらしい。今年の11月から来年にかけての登場とされる。ピンクジンベエモデル化のリベンジなるか。JAL系なのでちょっと期待したいが。

◆Special livery◆ANAのA380、特別塗装機は空飛ぶウミガメ「FLYING HONU」に
ウミガメですかぁ。そうきましたかぁ。と言う感じ。HONUはハワイの現地語でのウミガメをさすとの事。空飛ぶ亀とはガメラか堀ちえみくらいしか思い浮かばない(若い人はググってみて下さい^^;)が、何ともどでかい亀になりそうである。デザインは東京の増岡千啓さん。ハワイに所縁のあるウミガメでもあり、なかなかいいデザインえだる。実機よりもモデル映えしそうなデザインである。3機が同じものになるか色違いになるかなどは未定との事。東京が拠点と言うことだが関空や他の空港にも飛来するんじゃないだろうか。ただモデル化はどうだろう。1/500はこれも期待薄だなぁ。
スポンサーサイト



編集 / 2017.03.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード