国会図書館に行く
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
連続出張だった。今回は熊谷で前乗りだった。なので前日休暇を申請し、気になる拠点を巡ることにした。

第一弾は国会図書館である。東京駅から丸ノ内線で国会議事堂前へ、そこから徒歩10数分で到着。あらかじめ記入していた利用者登録申請書を提出する。平日の午前中ということで比較的空いていた。ほどなく利用者カードが出来上がった。荷物をロッカーに預け、検索端末に向かう。カードリーダに利用者カードをセットしてログインし、「Sky航空時刻表」を検索。雑誌は一度に10冊まで閲覧することができるという。雑誌は何冊かを合本してあって、合本を1冊としてカウントできるようだ。「Sky航空時刻表」「スカイ航空時刻表」は1970年3月号から1977年7月号まである。他に閲覧中の人はいない。例によって夏季繁忙期をメインに各年の8月号を中心に閲覧希望を出した。
この閲覧システム、通販サイトのようにまとめての確認ボタンが無くやや戸惑ったが、閲覧申請一覧表に次々に「閲覧準備ができました」と表示され、全冊準備完了まで15分と掛からなかった。

こちらの結果はまた後日まとめることにするが、思いのほか乗り入れエアラインは少なかった。ついでに当時の羽田の乗り入れ状況もいくつかリサーチしてみた。いろいろと発見もあったし有意義な訪問だった。しかし、今回の出張のハイライトはまだ続くのだった。
スポンサーサイト
編集 / 2017.05.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード