新潟ショップ巡り
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先週末、そろそろ帰ろうかと身支度を始めた時、急遽週明けの出張が決まった。しかも行先は群馬である。群馬と言えば新潟県のお隣である。どたばたと出張の準備をしつつ、目まぐるしく頭脳を回転させて週末の行動を模索していた。結論は、土曜日から新潟の子供の家に泊まり月曜朝新潟から群馬に移動するというものだった。複雑な経路の乗車券なのでなるべく他の人に迷惑がかからないように窓口の多い大阪駅へと向かったが、週末のみどりの窓口では小一時間待たされた。大阪から新潟経由、群馬の伊勢崎行の乗車券と、0840発ゴールデンタイムのサンダーバード9号を奇跡的に予約、北陸新幹線はくたか、特急しらゆきで1500過ぎに新潟着、月曜0920発上越新幹線ときで高崎行の切符を無事手配。
翌朝、サンダーバードは案の定満席。周りを大阪のおばちゃん団体に囲まれての移動。やっぱり大阪のおばちゃんパワーはすごい。幹事のおばちゃんが気の毒になるくらいに旅行そっちのけで内輪話に盛り上がっていた。

新潟はとにかく飯がうまい。夜の食事は外れ無し。ただ昼間の時間を持て余すのでどうしたもんかと考えていた。子供も最近出張続きらしいのであまり連れまわすのもかわいそうだし日曜は雨も降りだした。そこで2525レンタカーを借りて新潟市内の模型ショップ巡りを打診したところが、子供も面白そうだということで午後一杯ショップめぐりをすることに。Herpaというキーワードでは新潟でショップはヒットせず、模型ショップと中古ショップをネットでいくつかピックアップしてみた。

●中央区沼垂西店(模型ショップ)
新潟では割と有名な模型ショップらしいが、外観ではカードゲームとフィギュア専門店のようになっていた。奥に模型の在庫とかあるかもしれなかったが、フィギュアのイベントらしいものをやっていたので、結局入るのをやめてしまった。

●中央区近江店(中古ショップ)
中古は中古でも楽器の中古専門店になっていた。ここは入店すらせずにパス。

●中央区女池店(模型ショップ)
ここはRCカーのパーツを中心に模型を扱っているショップである。大きなサーキット場まで完備されているが、中古の鉄道模型もあり期待が膨らむ。早速1/200全日空モデルが目に留まる。おー!飛行機モデルの不毛地帯と思われていた新潟の地にも、中古として手放すマニアが存在するのか。という事は一定の需要があるという事だ。ただ飛行機ブースはかなり狭く、軍用機が目立つ。民間機はほとんど全て1/400で1/500は皆無だった。しかしこういう分野での展示があるという事が大事である。「全く無い」と「めったに無い」の差は大きい。「めったに無い」は掘出物に出会う可能性も高いという事である。売れ残りのOGなんてのにも出会えるかもしれないではないか。気を取り直して次っ!

●秋葉区新津本町店(ホビーショップ)
ホビーショップということでスケールモデルを置いてあるという事で足を延ばして新津まで。ここはばんえつSL号の車両基地となっているので有名な地である。実はその日の朝新潟駅でそのSLを入線から出発まで見学していた。で、店内に入ると、100%鉄道模型のショップである。表のウィンドウにはモデルガンが並べられ、以前はマルチ分野の模型店だった雰囲気もあるのだが。SL人気で鉄道模型に集中していっている感じだった。

新津から亀田を通って再び新潟市内へ。亀田付近では古い砂丘の上に開けた町とブラタモリで言っていたのでちょっとだけ砂山町を見学。

●東区竹尾店(中古ショップ)
新潟市内では大き目の中古ショップだそうである。家具や衣類も扱っているが玩具も充実しているとあった。カードだの玩具だのの棚をかき分けつつモデルサーチ。なんか鼻が利くようになってきた。ぅあった!ANAのB7474とAirDoB763。メジャーな日系モデルが中古で並ぶあたりがなんか新潟らしい(?)。しかしこの2つだけである。まあ店頭で見かけるだけでもなんかうれしい。念のためガラスケースにも目を通しておく。この手のモデルは展示箇所が1か所とは限らないのである。やはり1/200軍用機はガラスケース内に展示販売されている。と、そこにも1/500のモデルがいくつかあるではないか。とその中の一つに目が留まった。CCL上は△である。同じ時期にSJもモデル発表していて、こちらを購入したので△になった。しかしここは記念でもあるし、新潟で未集モデルを買うというのも一興である、値段も安いということでお買上げ。

■Herpa Northwest Orient Airlines Boeing B727-200 [N298US]
1980年4月1日デリバリ。2002年まで同社で活躍し続けた機体。2002年のモデルでNGながら、CCL上はなぜかOGとなっていた。この辺も△のままだった理由かもしれない。ショップの店員さんも初めて売れたというような顔していた。

最後に、子供の会社の先輩が入り浸っているという中古ショップに向かう。
●西区善久店(中古ショップ)
地元の若者のたまり場という感じ。床面積はかなり広いが漫画本やCD、DVDが中心。フロアの1/3くらいが玩具や模型スペースになっているもののスケールモデルはプラモのみ。鉄道模型もミニカーもあまり目立たずいわゆる「お宝」的な品ぞろえではなさそう。ガラスケース展示が無いのもお宝さがし感覚をそぐ結果となっている。まあ市場の大きさのまんまなんだろうなぁ。

以上集中的にショップ探訪したが、予想通りの結果である。そうはいっても日本海側最大の都市80万都市である。まだまだ隠れたショップがあるかもしれない。行く先々でのショップめぐりも楽しい。次は群馬ショップめぐりか。
スポンサーサイト
編集 / 2017.06.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード