FC2ブログ
レゴブロックで1/500伊丹ターミナルが作れるか (その5) オオゴトになってきた
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
まるでアンコールワットである。 s-ITM-TERM.jpg

まずは航空測候所と管制塔だけのはずであった。それが透明黒の1x4x3のパネルを見つけてから南北ターミナルへの想いが強くなりそちらの設計へのめり込んでしまった。さらに南北ターミナルの位置関係と奥行きのバランスを確認するために中央ターミナルと回廊を設計するはめに。ここまで来たらと全7棟の設計に走ってしまった。結果として全体のバランスを見てよかった。接続する渡廊下の取り付け位置や大きさなどによってその都度各所の見直しを余儀なくされた。まだこれでも微調整が必要な部分が多い。

南北ターミナルは同じもの2個作るだけだから楽勝!と思いきや、南北の違いを思い知らされることになる。南(ANA)側はバス乗り場前のガラス壁に店舗や案内所があって、それらが外側にせり出している。北(JAL)側はそういったものが無く地上から天井まですっきりとしたガラス窓である。JAL側のカウンターが妙に明るくガランと感じてたのはそういう事だったのか。人間関心のないことは見ていないものである。
他にラソーラまでのエスカレータは南にしかない。屋上の構造物も微妙に異なるのは昔の管制塔や、展望公園のようなものの名残だろうか。意外だったのは側面の窓や入口の形状が結構違っていた。隣接する建屋との隙間から覗き込んでようやく判明したこともある。南ターミナタの北側面は大きな窓を持つ増築分が付属している。

バス乗り場とエプロン側で高さが違うということも設計中での発見の一つだった。グーグルマップでは解りにくかったが影の長さもよく見ると微妙に違っている。南北ターミナルに隣接する建屋と比較で判明した。例えば北ターミナルのバス乗り場側の高さは、JALの到着ロビー建屋とほぼ同じで3階建て相当である。一方北ターミナル屋上のラソーラからはややスロープを下って中央ターミナルの4階に接続される。ということは建屋はやはり3階建相当である。目の錯覚か勘違いかと思われたが、ラソーラの家具売り場の北側を境に建屋の高さが違っているのを現地で目撃して、完全に腑に落ちた。

今最大の懸案事項が実はここにある。バス乗り場側を3階建て、エプロン側を4階建てとするとどうしても南北ターミナルの高さが実際以上になってしまう。印象としてはエプロン側の面構えが堂々として良さそうだが、飛行機より目立ってしまっては本末転倒なのである。本当は3回と3階半位の造りにしておく必要がありそうだ。複数のパネルを固定するために長尺プレートが有効だがパネルの使用をあきらめ、ブロックで部妙な高さを表現する必要がある。となると南北ターミナルは結構大規模な再設計が必要となるなぁ。まあ2パターン作ってみて印象を比べてみるしかないか。

他に南北ターミナルに付随する施設の形が結構面倒である。JAL到着ロビーはターミナル側に割と広めの軒下車寄せがある。多分VIP向けの到着ロビーだろう。南側のANAラウンジの下にも何やら軒下の車寄せのような構造となっている。さらに細かいが、沖止めの飛行機向けの南北のバス搭乗口と到着ロビーは地上に有ってそこの出入り口は当然すりガラス仕様となっている。場所は想像するしかない。あるいは次回新潟か高知行の際にはその辺取材せねば。

組み立てなおしが効くのがレゴブロックの最大の強みである。
スポンサーサイト



編集 / 2017.07.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード