FC2ブログ
レゴブロックで1/500伊丹ターミナルが作れるか (その9) まだまだ完成には程遠いが 
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ここまで比較的順調に進んできたLEGO伊丹ターミナルであるが、ここで壁にぶち当たった。まあ時が解決する事なんだろうが。
思いのほかパーツショップでの調達がままならないのである。金に糸目を付けなければ調達できないこともない。が、こちとらメインは1/500飛行機モデルなのである。ターミナルに何万円もかけるというのは本末転倒なのである。同じパーツでもショップによってかなり価格が違うので発注先を限定せざるを得ない。海外ショップを検討するにしても数個のパーツだけを調達するのに送料が数千円というのもばかげているのである。というわけで結構長丁場になりそうな雰囲気である。名古屋レゴランドで全パーツ量り売りみたいな夢のようなサービスがあれば、入場料払っても元が取れるんだが。

国内での送料も600円くらいともなるとパーツが数十個買える費用である、できるだけまとめ買いして送料無料特典を確保したい。というわけで、なかなか所望のパーツが揃わない。数が必要なのになかなか在庫が補充されないのが、広いプレート、長いパーツ、透明パーツの3大レアパーツである。特に南北ターミナルはこの3つが揃わないと成り立たない。

とは言いつつ揃ったパーツを順次組み上げていく。これも一つの楽しみ方と割り切ってしまおう。レゴは結構いい値段がするのだが、値段に違わずパチンパチンと気持ちよく嵌っていく。嵌め込むときのきっちり感は結構快感である。先週発注第3弾が届いた。今回のパーツで管制塔と隣の航空測候所の組み立てが進んだ。測候所は薄いパネルを組み立て設計なので思いのほかパーツ数が多いが、内部を白パネルで補強しながらの組み立てなので強度もばっちりである。
s-P1070776.jpg s-P1070777.jpg s-P1070778.jpg
スモーク(透明黒)パーツは下のパーツのポッチが透けて見えるのでどうかと思っていたが、想像以上にいい雰囲気が出たと思う。これなら測候所の窓も黒から透明黒に変えても良いかもしれないが、雰囲気的には黒のままでいいだろう。

ANAラウンジもうっかり後回しにしたパーツが仇となり、組み上げるのに時間がかかりそうである。
s-P1070781.jpg s-P1070782.jpg

南北ターミナルとJAL到着ロビー棟はバス乗り場前面だけの組立である。早いとこ搭乗口側に取掛かって雰囲気を確認したい。
中央ターミナルは左右の空中回廊部品がネックとなりほとんど先に続かない。大量のスモークパーツ待ちである。
s-P1070783.jpg s-P1070791.jpg

長尺、広大パネルはより小さなパーツの組み合わせで再設計しないと、次回発注のめども立たない。でもまあショップの入荷状況を見ながらゆっくりと揃えていくしかなさそうだ。サグラダファミリアみたいになってきたなぁ。いつ完成する事やら。
スポンサーサイト



編集 / 2017.08.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード