FC2ブログ
レゴブロックで1/500伊丹ターミナルが作れるか (その11) 全景編 海外調達部品待ち 
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ついにパーツの海外発注。透明黒のパーツを大量に入手できるショップが今の所国内には無い。この発注で全ての発注を一旦終えることになる。国内発注分は昨日全て届いたので後は海外発注分の到着を待つのみである。とりあえず手持ちのパーツだけでも組み上げられるところは組み上げておく。

各ビルとも大体の完成形は見えてきた。しかーし。やっぱりというか、完成に近づいたことであるべきパーツが無い、海外発注分にもないパーツが色々と見えててきた。プレートとブロックとタイルの記載ミス、サイズや色の記載ミス。設計ミス、発注ミスが続々と見つかる事となる。階層の数え間違いや、強度不足というか、どこにも繋がらない浮きブロックが出たりと設計をやり直すこともしばしばである。早速不足パーツがいくつか見えてくる。うーん、あと1回か2回は発注が必要なだぁ。海外発注分も組み上げてから不足パーツの再検証&発注が必要だ。

まあここらへんで全体像を俯瞰して見るのも一興だろう。
上空からのイメージ。屋上は汚れたコンクリートをイメージして濃灰色パーツを配したが、ターミナル屋上など灰色パーツを配してメリハリをつけた方が雰囲気が出る。
s-P1070829.jpg

JAL到着ロビー側から全体を望む。タクシー溜まりやバス乗り場が無いのでイメージしにくいかもしれないが、斜め45度の手前フィンガーも上手く設置できそうである。
s-P1070830.jpg

管制塔方面から。南北ターミナルの天井が未成なので雰囲気はまだまだ。白の広大パネルの到着待ち。搭乗手続きロビーの雰囲気が外からどう見えるか楽しみではある。照明なんてつけるとどんな感じになるだろう。
s-P1070824.jpg

搭乗口側から。こちらは延々と続くガラス張りのパーツ待ちである。ほぼ端から端まで全てスモークガラス。各フィンガーの表現もいい感じである。ボーディングブリッジを試しに配置してみたが高さ的には違和感は無い。ややブリッジが長過ぎるので、モデルの配置上ちょっと窮屈感が出るかもしれない。
s-P1070827.jpg s-P1070826.jpg s-P1070825.jpg

全体的な雰囲気は予想以上の仕上がりである。全体的にややテカリ過ぎという一面もあるが気になるほどでは無い。せっかく追加発注するのだから、いろいろと手直しを考えててみたい。ついでの北側にある貨物ヤードと、南にある整備場なんてのも検討してみようか。妄想がまだまだ続く。
スポンサーサイト



編集 / 2017.09.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード