FC2ブログ
2017年最後のHerpaクラブモデルは、なんともレアな
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpa2018年3-4月の新製品のニュースは週明け以降になるが、クラブモデルの情報が漏れてきた。2017年の最後を飾るにふさわしいかどうかは意見の別れるところだが、今回はちょっと驚きのリリースである。
まずは通常のクラブモデル。

●Herpa 531115 TransBrasil Boeing B727-200 [PT-TYU] turqouise/orange c/s,WingsClub model 2017 #8
まさかのノミネート外モデルである。2018年2月の新製品にもラインナップされた機材と同じでレジ違いである。1974年から79年にかけて22機のB727が色違いでデリバリされ、一時期は所有機材がB727のみだった。通常リリースモデルはB727-100[PT-TCB]でグリーンと黄色のツートンカラーだったが、当モデルもターコイズとオレンジのツートンカラーということでほぼ同じ配色である。というか同じなんじゃないのか。
[PT-TYU]は元々1966年5月27日にBraniffにデリバリされた機体で、同社でもターコイズとライムグリーンのツートンカラーだった。1967年11月American Flyers Airlineに売却され、1975年8月Transbrasilが購入した。さらに1984年4月Evergreen International Airlines、1987年5月Federal Expressに売却され2001年まで活躍したあと保管状態となっている。
このクラブモデルは、今後色違いのモデルをリリースすると言う前触れだろうか。特に必要と言うわけでも無いが、同じか類似の配色なので通常リリースモデルかクラブモデルかどちらかがあればいいように思う。クラブモデル予実表にはまったく影響無いが念のため最下段に2017年のクラブモデル星取表を載せておく。

次に2017年クラブモデル、会員向けの無料モデルであるが、こちらも渋い。というかまだニュースでも情報が少ない。なんとまぁ良くぞそんな機体を探してきたもんだと思う。

●Herpa 530965 Zimbabwe Airways Boeing B777-200ER [9M-MRP]
2004年11月23日Malaysia AirlinesにPnbg からのリース導入されたが2015年12月以来保管状態となっていた。2014年、連続して2機のB777を喪失したMalaysia Airlinesは翌年以降全てのB777の運航を停止し、売却を進めている。そのうちの1機9M-MRPが2017年6月24日にZimbabwe Airwaysの最新デザインを施され、飛行試験を開始した。現時点ではジンバブエでのレジの情報すら入ってきていない。
激動の渦中にあるジンバブエのエアラインである。設立は1967年Air Rhodesia都市手だったが1980年にジンバブエが独立し、同年社名を変更した。2004年に発生した国家金融破綻の為、IATAなどへの支払いも滞り、2011年新デザインに変更されたものの翌2012年には経営破綻し運航を停止した。2014年国有となったが運航は再開されていない。
新社名Zimbabwe Airwaysとなったのも2017年のことらしい。それも経営を引き継いだという時間時ではなさそうだ。そんな中での6月のB772導入の準備である。2017年11月独立以来大統領を務めていたムガベ大統領が軍のクーデターによって失脚した。さらに今年同エアラインは安全上の問題からEUへの乗り入れ禁止エアラインに指定されてしまっている。今後の見通しが全く立たない状態で、本機もどうなるものか目処が立たないだろう。

Air Zimbabweモデルはこれまで1995年にモデル化されたOGのB767のみである。ジンバブエの国旗のデザインを踏襲した今回のB772はなかなかカッコイイ。黒い尾翼に国旗でも描かれている鳥の彫刻が描かれている。同国の世界遺産であるグレーと・ジンバブエ遺跡にいある鳥の彫刻である。

実際に就航するかどうかはかなり怪しいがそれでも実機は存在する。デザインも格好いいし、珍鳥でもある。買い(◎)というよりは配布モデルなので、到着が楽しみである。
2018年のモデル候補についてはまた改めて触れてみたい。

【2017年クラブモデル希望順予想=実績表】
================================================絶対実現して欲しい===
1)◎UTA-Union des Transports McDonnell Douglas DC-10 [F-BTDC] ★決定
2)◎Nepal Airlines Airbus A320 [9N-AKX] "Lumbini" ★決定
3)◎Myanmar National Airlines Boeing B737-800 [XY-ALB] ★決定(通常リリースとして)
================================================次点かな==========
4)○Aviaco Douglas DC-9-30 [EC-CLD] ★決定
5)○Aeronica TU-154M [YN-CBT]
6)○NokScoot Boeing B777-200 [HS-XBA] ”Proud” ★決定
================================================そうでもない========
7)○Delta Air Lines MD-11 [N807DE] Widjet
8)○Alsie Express ATR-72-500 [OY-CLY]
9)○Iran Air Boeing B727-100 [EP-IRB] ★決定
10)△TWA McDonnell Douglas MD-80 [N948TW] ”Wings of Pride" ★決定
================================================予定外===========
11)○Finnair Airbus A350-900 [OH-LWB] oneworld ★決定(#7)
12)△ TransBrasil Boeing B727-27C [PT-TYU] turqouise/orange c/s ★決定(#8)
スポンサーサイト
編集 / 2017.12.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード