FC2ブログ
Herpa MAY/APR 2018 新製品情報
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの2018年3-4月モデルが発表された。今回は新製品13種、再販品4種で、いつもと比べてやや少なめである。しかも大型機は5機のみで、世界中のコレクターからはガッカリという声も上がっている。が、個人的にはバリエーション豊かなリリースだとは思うのだが。13種のうち、プラ製飛行船、軍用機が各1種なので、コレクション対象は11種となる。
【地域別】
欧州が4種、うち3種が旧ソ連圏である。メジャーどころの地域からのリリースが無いのも「がっかり」の主要要因だろうか。次いでアジアが3種であるが東・中央・西の各地域から1種づつと地域的には好バランスである。北米が2種、アフリカが2種である。オセアニア、南米は今回も無しと寂しい。
 
【デザイン別】
特別塗装機が4種だが全て小型機。うち2種が創業記念、1種が広告、1種が販促である。
 
【用途別】
今回は11種全てが旅客用途となる。
 
【機種別】
ワイドボディ機が5種と約半分なのはいつも通りなのだがいかんせん絶対数としては寂しい。
 
【製造元】
エアバス5、ボーイング3、ロシア系2、ダグラス1。こちらも配分的にはいつも通りの傾向。3発機が最低1種含まれているのが最近の流れとなっている。
 
【形態別】
プロペラ機が皆無である。小型機の分野もジェットが主流となった今では仕方のないところではある。
 
【時代別】
現用機に交じってクラシック機もしっかりとモデル化ラインナップに含まれている。Tu-154やDC-10などまあ嬉しい選択ではあるのだが、往年のB707やCV990、Caravelleなどの名機はとんと発売されなくなってしまった。というかB747も忘れ去られるほどの月日もたっていないし、1/500での未モデル機材もまだまだあるのでOGのNG化も含めてクラシック機材にも光が当たってほしいものだ。B747についてはもう少し時間が立たないとリバイバルブームは来ないのかもしれない。逆にDC-10は来年のクラブモデルでも2種がノミネートされているほどなので今後の定期リリースでも3発機の存在感が増しそうだ。B787やA350、SSJ100といった最新モデルも実機リリースに合わせて無難にモデル化されるようになった。この傾向はまだしばらく続くことになるだろう。
 
ではいつものごとく順次見ていこう。
◆531122 Ukraine International Airlines Boeing B777-200 [UR-GOA]
元々はAsiana Airlinesに2001年2月14日にaerocapからリース導入された機体。2017年10月にリースバックされ直後の11月14日にaerocapからリース導入された。今回の目玉第1段となる。ウクライナ航空は17年ぶりのモデル化。しかもワイドボディ機は初登場である。当然買い(◎)。
 
◆531139 Zeppelin NT Zeppelin Reederei [D-LZFN] "Europa Park"
ツェッペリン飛行船の広告モデルである。プラ製だしちょっと用途が異なるのでコレクション対象外(×)である。因みに広告のEuropa Parkはドイツにある人気の高いテーマパーク。
 
◆531146 Tupolev Tu-154M UTAir [RA-85018]
正確な日時は不明ながら1990年から91年にかけてブルガリアのAir Viaにデリバリされた。1992年3月にはトルコのBlue Line Aviationや1994年4月にはパキスタンのRaji Airlines、1997年5月にはチェコのCSA Czech Airlinesにリース貸与されている。2007年2月に現UTAirに売却された。これまでB767、Tu134がモデル化された。小型機でもあるし見送り(△)。
 
◆531153 Boeing 737-800 Royal Air Maroc [CN-RGV] "60th Anniversary"
元々はAir Atlas(1946年設立)とAir Maroc(1949年設立)が1953年に合併して発足した。1957年に現社名となっている。機体は2007年8月6日にAir Europaにデリバリされた機体。2011年12月にTransaero Airlinesに売却されたが2015年10月26日に同社が倒産、同年11月19日にはEastern Air Linesにリースされている。最終的に2017年6月24日Royal Air MarocにALCからリース導入された。31機の-800と6機の-700は同社の最大勢力である。創立60周年記念塗装の小型機がモデル化。小型機ゆえパス(△)。
 
◆531160 Superjet SS100 Aeroflot [RA-89009] "90th Anniversary"
創立が1923年だから90周年記念とは2013年当時の記念塗装ということになる。1923年と言えばロシア革命からレーニンの後任でスターリンとトロツキーが覇権を競っていた時代である。設立には実際レーニンが署名したとされる。歴史あるエアラインである。2012年7月28日デリバリ。ただ、2014年5月19日にSukhoiに返却され保管状態となっている。こちらも90周年記念塗装の小型機。パス(△)。
 
◆531177 Airbus A320neo Air India [VT-EXF]
2017年2月15日にAlafcoからリース導入されたばかりの新造機。既に10機が導入されているneoの同社初号機となる。Air Indiaの小型機は今回が初めてのモデル化となる。ちょっと食指が動くがやっぱり見送り(△)。
 
◆531184 Airbus A350-900 Air Mauritius [3B-NBQ] "Pieter Both"
今回の目玉第2弾。2017年11月26日、Aercapからリース導入された。現在2機を導入済である。固有名は同国2番目の高峰に因んだものであるが、そもそもは17世紀オランダの初代東インド会社の総督の名である。当然買い(◎)。
 
◆531207 DC-10-30 American Airlines [N137AA]
元々は1973年9月14日にAir New Zealandにデリバリされた機体。その期待は2007年にInflight500からリリースされている。1982年7月16日にAmerican Airlinesに売却され、2002年解体処分された。同社の3発機はこれまでMD-11ばかりだったがDC-10が初お目見えとなる。個人的には絶対買いの逸品(◎)。
 
◆531214 Boeing 787-9 El Al [4X-EDA] "Ashdod"
今回の目玉第3弾。El Alは2017年8月23日にAir Leaseからリース導入。同社初の787である。2機の789が導入済である。固有名のAshdodはイスラエル南部にある都市の名前に因んだもの。当然買い(◎)。
 
◆531221 Airbus A350-900 Hongkong Airlines [B-LGA]
今回の目玉第4弾。2017年8月31日に初号機がデリバリされたばかり。現在2機が就航している。買い(◎)。
 
◆531252 Airbus A320 United Airlines [N491UA]
2002年4月11日デリバリ。2004年から2009年にかけてTedブランドで飛行していたが、2009年2月22日にUnited Airlinesブランドに統一された。小型機故パス(△)。
 
◆531269 Antonov AN-22 Soviet Air Force [CCCP-???? ], 8th Regiment, Migalov AB
アントノフAn-22は世界最大のプロペラ機。今回はソビエト空軍所属の迷彩色モデル。軍用機なので対象外(×)。
 
◆531276 Airbus A320 Eurowings Austria[OE-IQD] "Eurowings Holidays"
2016年4月12日にEurowingsとしてデリバリされた。2017年4月11日Eurowings Austria籍となった。デザインはEurowingsと同じである。キャンペーン特別塗装機だが小型機なのでパス(△)。
 
続いて再販モデルも見ておこう。Herpa25周年記念モデルを含めて5種がリリース予定である。基本的には全てパス(△)ではあるが。
◆‪500609-001 Boeing 747-400 Qantas [VH-OJA] "City of Canberra ","We Go Further",25 Years Wings‬
へルパ25周年記念復刻版第4弾。これが最後になるんだろうか。基本見送りなんだがHerpaに敬意を表して買い(○)としておこう。1989年8月11日デリバリ。2015年引退しHARS(Historical Aircraft Restoration Society)つまり歴史博物館で保管されている。
◆‪518277-004 Boeing 777-300ER Emirates [A6-EQA]‬
2017年3月31日デリバリ。
◆‪526692-002 Boeing 737-800 TuiFly Germany [D-ATUO]‬
2015年2月24日デリバリ。
◆‪528948-001 Boeing 787-9 British Airways [G-ZBKM]‬
2016年7月29日デリバリ。
◆‪529280-001 Boeing 737-800 Norwegian Air Shuttle [LN-DYA] "Erik Bye"‬
Norwegianだけだと紛らわしいが、こちらはノルウェイのLCC。現在51機のB738を運航させている。Norwegian Air Internationalはアイルランドの関連会社で、こちらも63機ものB738と6機のMAX8が就航済みである。同機は2009年8月21日にデリバリされた。固有名はノルウェイのジャーナリストの名に因んだもの。ジャーナリストというよりはTVやラジオのパーソナリティとして有名らしい。
スポンサーサイト
編集 / 2017.12.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード