FC2ブログ
コレクター魂
カテゴリ:  コレクターへの道 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
知人というか当ブログを読んで下さっているMさんから写真が届いた。Mさんもある意味筋金入りのコレクターである。ただコレクションポリシーがまたこだわりがすごいというか。
これが何かわかるだろうか。
image3.jpg ▲コレクター垂涎のANA744タワー
わかる人にはすぐわかる。全て全日空商事1/500オフィシャルモデルである。で、これがなんとANAのB747完集タワーなのである。ANAとLHのB747愛を貫かれているこの方の執念たるや、セミゼネラルコレクターの私なんか足元にも及ばないのである。
最終コレクションと、バリーエーション
image1.jpg image2.jpg

MさんはこのほかにもLHのB744の完集を目指しておられる。ANAではあまり存在しないがLHのB747モデルは、微妙な箱の違いや、窓の数、色による細かなバリエーションが無数にある。いったいいくつののバリエーションがあるのか想像もできないがLH744だけでも2-30種はあるという。
2014年ごろまではWings900.comにモデルバリエーションを網羅したデータベースがあったがその後はデータの更新もされていないので、バリエーション完集も並大抵のことではないはずなのだ。ちなみに2014年にリリースされた#516105-002はOG時代から数えて通算21種目とある。お金に糸目を付けなきゃネットで揃うじゃんと考えたあなた(誰?)、ぅ甘い!かく言う私も最初お聞きしたときはふとそんな考えもよぎったものだが、そもそもメーカーであるHerpa自体がそんなバリエーションを区別して販売していないので、箱の外観では区別がつかない。箱自体にもデザインの変遷があるのである程度はあたりを付けられるのだが、その中身となるとネットでは判別不能なのである。ネットの出品ではそこまで詳細な写真をUPしているはずもなく、かろうじて見えるかどうかという画像を参考に、野性的な直感をもって発注されているのではないだろうか。重複買いは覚悟の上で日々アンテナを張っておられる訳である。そんな師匠もあと数点を残してコンプリートは足踏み状態だとか。

この残り数点というのが曲者で、基本的にネットで買わない私からすれば、その数点に出会うのは絶望的とすら思える。とはいいながらそれぞれのバリエーション自体が特別販売されていたわけではないので、中古ショップでいきなり出くわすという幸運も無いわけではない。香港あたりに「まんだらけ」なんかが出店したりしたら、それだけで香港ツアーに早速申し込んでしまうかもしれない。最後の数点が埋まっていく醍醐味もコレクター冥利に尽きるというもんである。

というわけで、コレクションのポリシーにもいろいろあって楽しみ方もいろいろあるという好例である。写真はMさんに許可をいただいて掲載させていただいた。

スポンサーサイト
編集 / 2017.12.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード