FC2ブログ
Herpa新製品 5-6月 2018
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの新製品情報が早々と出てきた。5-6月分の新製品である。全19種は結構多い。再販モデルも3種とこちらは少なめである。数も多いが今回も見るべきモデルがいくつかある。初登場エアラインが2社、新機材(金型)が1種である。

【デザイン別】
エアライン新デザイン初登場は無いが、特別塗装機が6種と全体の3割も占める。特別塗装機が多いのは最近の傾向だが、それにしても多い。一口に特別塗装と言っても様々である。何を根拠にコレクション対象とするかはいまだに明確にしていない。協賛系、自社プロモーション系、他社プロモーション(広告)系などがある。この辺はもう少し整理して自分なりにコレクション対象となる線引きをしないといけない。

【機種別】
機体サイズは毎回とほぼ同じ。ワイドボディ機9種、ナローボディ機10種と過去同じような構成である。期待の3発機は今回は含まれていなかった。

【時代別】
反面クラシック機として唯一MD-88がラインナップに上った。3発機もそうだがMD80シリーズはまだまだ開拓の余地の大きな機体である。せめてHerpa初期のMD80シリーズの再販を望みたいところではある。まあ最近の機体も続々とモデル化されているので、なかなか優先度は上がらないのかもしれないが。

【製造元】
機体メーカー別で言うと、Airbus x 7、Boeing x 9、MacdonnellDouglas、Bombardier、ATRが各1種。である。BoeingがAirbusを上回るのもここ最近なかったんじゃないだろうか?しかも737/747/757/777/787とほとんどの機種がリリースされるというのも珍しい。再販分の767を含めれば錚々たるラインナップとなる。対してAirbusも320/330/340/350、再販分を含めると380までこちらもバリエーション豊かなリリースとなった。

【地域別】
地域別にはヨーロッパ偏重はいつも以上。約7割にあたる13種がヨーロッパ機体である。ついで北米と東アジアが各2種、アフリカ、西アジアが各1種という分布。南米、オセアニアは出尽くしたのか?LATAMのA350なんてHoganの後追いでもいいから出ないかなーと思ってたんだが。

【用途別】
今回は貨物機も、軍用機も、架空モデルも無い。唯一プロトタイプが1機種存在する。貨物機はコレクション対象内だがそれ以外は対象外としているため、除外モデルはただ1種と中身の濃いリリースとなっている。

【形態別】
久々のプロペラ機は、てっきり-Q400かと思ったが、よく見るとATR-72-500だった。他は全てジェット。この傾向もここ数年変わらない。

では例のごとく個別にみていこう。

●Herpa 531306 United Airlines Boeing B747-400 [N118UA] "747 Farewell"
1999年2月24日にデリバリされた機体。2017年11月7日サンフランシスコ発ホノルル行のUA747便として同社のB744としての最終フライトを行った。現在は保管状態となっている。Unitedのロゴが往年の物となっていて記念塗装の装いとなっている。記念の物なので基本的には買い(〇)である。

●Herpa 531504 Lufthansa Boeing B747-8 [D-ABYM] "5 Starhansa",Bayern
2014年2月28日デリバリ。現在19機のB748が在籍。2017年SKYTRAXでヨーロッパ発の5スターエアラインに認定されたことを記念した特別塗装機。A320[D-AIZX]も同様の特別塗装が施されている。こちらもワールドカップサッカー応援塗装、優勝凱旋塗装と同じような味付けのデザインとなっている。悩むなぁ。断腸の思いで見送りか(△)。

●Herpa 531498 Air Berlin Airbus A320 [D-ABNW] "Last Flight",AB6210:2017/10/27"
元々2005年12月12日にChina Easternにデリバリされた機体。その後Air Berlinには2016年1月15日に導入されたが2017年10月27日運航停止となった。その後2017年12月19日にEdelweiss Airに移籍となっている。同機は同社最終のAB6210便としてミュンヘン→ベルリンを運航した機体である。小型機故パス(△)。

●Herpa 531481 Rossiya Boeing B777-300 [EI-UNL] "Sochi"
元々1998年12月10日にSingapore Airlinesにデリバリされた。2011年11月Transaeroに移籍となったのち同社の倒産に伴い2015年10月26日に運航を停止した。その後2016年6月7日にRossiyaがVeb Leasingからリース導入している。現在5機のB773を所有しているが全て同じような履歴の機材ばかりである。Rossiyaのこのグラデーション塗装はモデル化2機種目となる。買い(〇)。

●Herpa 531467 Thai Airways International Boeing B787-9 Dreamliner [HS-TWA] "Phattana Nikhom"
2017年9月15日Aerocapからリース導入された。B789の初号機で現在2機を所有。B788は6機を所有している。固有名Phattana Nikhomは、タイ中央部、世界遺産であるアユタヤ遺跡の北東50kmほどのところにある地方名。意外にもHerpaからのThai B787は初出。B788は2014年BigBird?B787は全機種買いかなぁ(〇)。

●Herpa 531450 Transavia Boeing B737-800WL [PH-HSI] "Peter Pan"
2013年4月4日Citからリース導入された機体。同社はB737-700/800の計34機で運航している。2017年11月11日に公開された特別塗装はPeter Pan Holiday Clubに因んだもの。同Clubは1996年Transaviaの従業員によって設立され、障害を持つ子供たち向けの休暇フライトを企画している。今回は同社設立50周年も記念した特別塗装となっている。デザインは標準デザインも手がけたStudio Dumbar。小型機故パス(△)。

●Herpa 531443 Turkish Airlines Airbus A330-300 [TC-JOA] "Pamukkale"
2014年3月4日デリバリ。現在A332を25機、A333を37機と計62機ものA330を所有している。固有名Pamukkaleはトルコ南西部にある世界遺産で、棚田状の石灰質の造形で有名な温泉観光地に因んだもの。地名はcotton castleの意味とのことで、これは形状ではなくこの辺りがローマ時代から綿の一大生産地だったことによるものらしい。TurkishのA333新塗装はHerpaでは意外に初出。Sky500からのリリースで一通りモデル化されているし、いくつかは入手済である。なのでパス(△)。

●Herpa 531436 Eurowings Airbus A330-200 [D-AXGF] "Las Vegas"
元々Gatar Airwaysに2004年9月7日にデリバリされた。一旦保管状態となったのち2016年33月3日にGecasからリース導入された。Eurowingsブランドだが運航自体はSunexpress Deutchlandに依存している。これは以前リリースされたモデルとレジ以外どこが違うんだろう?まずは見送り(△)。

●Herpa 531429 Iberia McDonnell Douglas MD-88 [EC-FGM] "Torre de Hercules"
元2991年8月8日にAviacoにデリバリされた、1999年9月1日Iberiaに吸収される形で移籍されている。2008年10月以降は引退しマドリッド空港にて保管状態となっている。固有名Torre de Herculesはスペイン北西端の岬に立つ世界最古の灯台に因んだもの。英語でTower of Hercules(ヘラクレスの塔)で、古代ローマ時代創建とされいまだに現役の灯台として機能している世界遺産である。渋い機体が蘇えるなぁ。Herpaでも2002年OGとしてMD-87がモデル化されている。原則見送りなんだがNG化を記念して買ってしまいそう(○)。でも、その時に思い出すかなぁ。

●Herpa 531412 Air France Airbus A340-300 [F-GLZK] "France 1998 : Brazil / Columbia"
1998年1月2日デリバリ。一時期は隆盛を誇ったA343も現在は7機を残すのみとなった。前回に引き続き1998FIFAワールドカップ フランス大会のプロモーション特別塗装で、ブラジルとコロンビアの選手が描かれている。前回リリースと続けてではあるが思い入れのあるデザイン群なのでこれは買い(◎)。

●Herpa 531405 Air France Airbus A320 [F-GFKU] "France 1998 : Netherlands / Italy"
1991年9月5日デリバリ。2010年8月保管状態となり、2010年11月解体された。同じくワールドカップの特別塗装機でオランダとイタリアの選手が描かれている。思い入れはあるものの小型機なので見送り(△)。

●Herpa 531399 Corendon Dutch Airlines Boeing B737-800WL [PH-CDH] ★初登場エアライン
元々2011年11月30日にデリバリされた機体。TUIflyによって運航されていたが2014年12月TUIfly籍となった後、2016年4月21日にAvolonからリース導入された。3機のB7378を運航中。モデル初登場エアラインである。兄弟会社としてトルコのCorendon Airlinesがある。2010年設立され、近隣へのレジャー便を運航している。モデル初登場エアラインである。当然買い(◎)。

●Herpa 531382 Delta Air Lines Boeing B737-900ERWL [N834DN]
2015年2月26日デリバリ。B739もモデルでは少数派ではある。Deltaは176機ものB737NGを所有しているが-900はその中でも最も多い89機(-700は10機、-800は77機)を所有している。小型機故パス(△)。

●Herpa 531375 La Compagnie Boeing B757-200 [F-HCIE] ★初登場エアライン
元は1994年3月21日にBritannia Airwaysにリース導入された機体2005年5月Thonson Airwaysに移籍され、2015年5月4日La CompagnieにAerocapからリース導入された。La Compagnieは2013年に設立されたばかりの新しいエアライン。設立当時はDreamjet社と名乗っていたが翌年現社名に変更された。2機のB757で全席ビジネスクラス、パリ~ニューヨーク間を運航する。もちろん初出のエアラインなので買い(◎)である。

●Herpa 531368 Flybe/Blue Island ATR ATR-72-500 [G-ISLK]
元々Air Dolomitiに2000年4月1に漬けでデリバリされた機体。2013年Asian Wings Airwaysに売却され、その後2016年10月5日にBlue Islandにリース導入された、Blue Islandは2016年1月からFlybeのフランチャイズとなり、Flybeブランドで運航している。エアライン初出モデルと言えなくもないがフランチャイズなので塗装はFlybeのもの。というかハイブリッドっぽい感じがする。悩むところだが見送り(△)。

●Herpa 531351 Mango Boeing B737-800W [ZS-SJO]
2001年8月18日South African Airwaysにリース導入され、Teansaviaに何度かリースされたあと2012年9月1日Macquarie Airfinanceからリース導入された。Mango自体は2006年委設立されたSouth African AirwaysのLCC子会社で、現在10機のB738を運航している。2008年Inflight500でリリースされて以来の10年ぶりのリリースでそれを入手済。なので見送り(△)。

●Herpa 531344 Malaysia Airlines Airbus A350-900 [9M-MAC] "Negaraku Livery"
2017年12月22日にデリバリされたばかり。2機目のA359となる。Negarakuはマレーシアの国歌を意味するものらしい。機体全体に国旗を配したデザインなので、Jalur Gemilang Liveryとする方が適切なような気がする。1997年に独立40周年を記念して当時のマハティール首相が国旗の正式名称としてJalur Gemilangを採用した。意味は「栄光の縞模様」。特別塗装ながらこれは買い(◎)の部類。不運が続いた同社だが是非復活発展してほしい。

●Herpa 531337 Lufthansa Regional Bombardier CRJ-900 [D-ACKD] "25 Years CRJ" Wittlich"
2006年7月21日デリバリ。現在35機のCRJ900を運航している。ちなみに同社のCRJ初号機は[D-ACLA]で1992年10月29日にデリバリされた。固有名Wittlichはドイツ西部の2万人弱の小さな町の名前に因んだもの。小型機故パス(△)。

●Herpa 531191 Airbus Airbus A330-900neo [F-WTTE] house color ★初登場機材
2017年12月からテスト飛行を開始したプロトタイプ。就航は2018年とされる。A330neoの登場がこんなに早いとは思わなかった。機体は同じというからA350よりは細い。主翼はA350と同じ形状なので見分けが難しくなりそうである。今年の後半からモデル化が進むことになってきそうだ。ハウスカラーは対象外(×)。

続いて再販モデル3種である。

●Herpa 527521-001 Condor Boeing B767-300ER [D-ABUP] "Sunny Heart c/s"
2001年3月1日Air Eurotaにデリバリ。2012年3月にはTransaero Airlinesに移籍、Condorには2016年7月15日にAerocapからリース導入された。CondorはAirbus/Boeingとサービスママざまな機種を保有しているがB763の16機は同社最大の規模となる。再販モデルなのでパス(△)。

●Herpa 524230-001 Air Canada Rouge Boeing B767-300WL [C-FMXC]
1996年3月13日Air Canadaにデリバリ。グループ会社のAir Canada Rougeには2014年5月11日に異動されている。24機のB763と26機のA319/321による構成でLCC路線を支えている。再販モデルながら前回はウィングレット無のB763だった。今回はしっかりウィングレット付。迷った末に買い(〇)かな。

●Herpa 515634-004 Air France Airbus A380 [F-HPJH]
2012年5月2日にデリバリ。現在10機を保有している。こちらも再販モデルなのでパス(△)。
スポンサーサイト
編集 / 2018.02.03 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード