FC2ブログ
東京落穂ひろいと新モデル
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
昨年から仕事に励んだおかげで、また東京の仕事に携わることができるようになった。ありがたいことである。今後は赤坂方面である。2年弱のプロジェクトで先週からプロジェクトが始まった。赤坂である。いろいろとショップに通い安いように思う。よく秋葉原店さんにも出かけていたが、今回は巣鴨か飯田橋、阿佐ヶ谷に行こうかとぼんやり考えていた。金曜のお昼前である。念のため営業時間を確かめてみる。巣鴨、午後の打ち合わせにぎりぎり間に合うか。阿佐ヶ谷、ちょっと時間的に厳しい、飯田橋…へ?閉店?んなあほな。なんと昨年夏に閉店してしまっていたとは。やっぱりこの1,2年はアンテナが鈍ってたなぁ。閉店セールの記事もあって惜しかったという、そんな問題ではない。飛行機だけではなくまた模型だけではなく専門書を物色するのも楽しみだったのに。うーん、中古ショップに切り替えかぁ。

というわけで金曜日、前回定休日に訪れてしまって2時間無駄にしてしまったが今回は大丈夫そうである。こちらは開店が1130とちょっと遅い。なのでいつも1100には隣のソバ屋で天丼定食を食べてから立ち寄ることにしている。東京はやっぱりそばがうまい。1100、開店前だがワゴンはもう外に出ている。ざっと眺めてあたりを付け、天丼とざるそば定食を味わう。

午後の打ち合わせまであまり時間はない。ワイドボディ機モデルはわずかに2個のみ。今回はこちらでは得るものはなかった。別のワゴンでは飯田橋から流れてきたのか小型機の群れが…ざっと見て箱無しコレクションを見てみると。

■Herpa 500319 TAP AIR PORTUGAL Boeing B737-300 [-] OG
s-P1080206.jpg
こんな古いモデルがあるとは。アイテム番号から見て実質No.31なのでごく初期のモデルナンバーである。箱無し展示品は、ドアに取っ手が描かれていないので1st ver.である。今回購入モデルは、国旗の修正と主翼のモールド変更され1994-6年に発売されていた4th ver.らしい。中を確認させていただいたが黄変もほとんどなく状態もいい。これが300円とは。箱無しで十数年も飾っていた同モデルの尾翼もほとんど黄変していない。やはり材質の微妙な違いによって黄変の進行具合が違っているようである。次っ。

■Herpa 503662 British Airways Boeing B757-200 [-] OG
s-P1080211.jpg s-P1080212.jpg
やらかしてしまった。TAPの流れでこれもB737-400だろうと勘違いし(箱の大きさは明らかに違うのに)、箱無しコレクションと思ってしまったのである。ところがどっこいBA B752は箱付きで既集なのであった。やはり時間に追われての落穂拾いはババをつかむことになるのか。しかーし何か様子が違うなと改めてよく見てみると箱が全然違う。BA COLLECTORS MODELと大きく書かれ裏面にはBAの住所が記されている。してみるとBAが企画しHerpaが製造販売したといういわばタイアップモデルだったのかもしれない。このモデルが1st ver.で、Herpa専用の箱に入っている方が2nd ver.となる。初期モデルだけあってコックピットが小さすぎ、L3/R3ドアの位置が間違っている。まあこれもHerpaコレクターからすれば、お買い得な逸品である。300円。掘り出し物。次っ。

■Herpa 510271 Continental Airlines Boeing B757-200WL [N67134]
s-P1080208.jpg
数ある中古品の中でも比較的新しい箱が目についた。明らかにNG世代の箱である。さすがにこちらは500円の値が付いていた。これはナローボディ機故、見送りとなって未集だったモデルである。しかしそんなポリシーも吹き飛ぶ価格である。状態も全く問題ない。10年前のモデルとは信じられないくらいである。こういうのも落穂拾いの一つの楽しみである。全部を買うわけではないが少なくとの一つは買って帰ろうと心に決めて、冷やかし半分、一つ二つ手に取ってみてはあれこれと悩むのが楽しい。以上3点。

で午後の打ち合わせ中の電話の着信履歴が。新モデル入荷のお知らせであった。翌土曜日、雨の中をものともせず出かけるところとなる。

■Herpa 530743 WOW Airbus A330-300 [TF-WOW]
s-P1080205.jpg
Sky500を買わずによかった。より安価なHerpaの発表があったのでSky500の同機モデルは見送っていたのであった。

■Herpa 530736 Swiss International Air Lines Bombardier CS100 [HB-JBA]
s-P1080209.jpg
CS100は1/500初のモデルとなった。大きさはA320とほぼ同じに見える。が、主翼が細くて華奢に見える。似ているようでやはり印象は結構違う。こうして手の上で実際に並べて比べることができるのもダイキャストモデルの醍醐味である。

■Herpa 530774 Brussels Airlines Sukhoi SSJ-100 [EI-FWD]
s-P1080210.jpg
CCLでは見送りとしていた。しかしAeroflot版を買いそびれていたので、代わりにこちらでも良いかと、一応中身を見させていただいた。しかしこのSSJこんなに小さいのにちゃんと2月のジェットなのである。B737を二回りくらい縮小した感じで、なんとも愛らしい。Brusselesの秀逸なデザインもあって購入を決断した。

日曜日また入荷したのと連絡を受け直ちに翌月曜日開店直後の新大阪店さんに向かうところとなる。実は当日新大阪周辺で別件の用事があったのでちょうどよかった。

■Herpa 530798 air Baltic Bombardier CS300 [YL-CSA]
s-P1080214.jpg
CS300も1/500初モデルである。CS100と比べてみるとほとんど変わらない。胴体のみ3.1m延長されているというが、モデルでは6mmの違いでしかない。A320と319の違いほども感じられないほどよく似た機体である。

■Herpa 530927 Azul Brazilian Airlines Airbus A330-200 [PR-AIU] "Azul Vagens"
s-P1080215.jpg
特別塗装機は対象外としていたはずだった。が、やっぱり良いものはいい、ということでお買い上げ。

この数日間は以上8機のまとめ買いとなった。
スポンサーサイト
編集 / 2018.02.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード