FC2ブログ
週末の東京出張は久々の飛行機
カテゴリ:  搭乗記 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
昨日も日帰り出張であった。今回は久々に飛行機での出張である。が、例によって仕事は午後からなのでまずは巣鴨へ。結果から言うと収穫はなし。しかしANKのA320とかワゴン品でも追加されていたので、チェックは怠れない。とげぬき地蔵参りをして金太郎あめと濡れ煎をゲット。午後の仕事は打ち合わせが思いのほか順調に進みなんと1530には開放された。

なので羽田で時間をつぶそうとさっさと帰路につく。帰阪便は1900発なので時間はたっぷりある。モノレールから見ているとデルタとアメリカンが見える。両機ともなんだか今にも出発しそうな雰囲気だったので国際線Tで途中下車し展望台へ。ありゃ~展望台からは見えない位置だったかぁ。しゃーない国内線Tに行こうかと思ったその時、シンガポール航空機が。見かけないシルエット。そうである、なんとA359だった。しかもエアバス10,000機目の記念ロゴ入り9V-SMFである。いいものに出会った。カメラを持参していなかったのが悔やまれる。仕方なくスマホでパチリ。御覧の通り東京は上天気である。
s-SQ1.jpg s-sq2.jpg
ご満悦でT2へ。出発までかなり時間もあるし奮発して寿司でもつまむかと、すし店に向かったところがちょうど団体さんが入店していった。こりゃ後でまた来ればいいやとそのまま展望台へ。ここで念のため予約便を確認してみる。と1800発に空席があるではないか。しかも次々と空席が変わっていく。16B結構前の席が取れてしまった。というわけで1800発NH37便に変更し、寿司屋はあきらめ自宅での夕食用に崎陽軒のシウマイを購入。

搭乗口につくと5分遅れ…待つ間に15分遅れとなった。まあよくあることである。搭乗。満席である。ほぼ全員が乗り込んであとは出発を待つのみのところ、機長からアナウンス。APUに異常ありとの警報信号が出て、確認・補修を行うので10数分程度遅れる見込みとか。APUの異常なんて10分で治るとも思えないような故障なんだけどと思っていると案の定結局30分以上の遅れとなる。しかしその後待てども待てども動き出す様子がない。エアバンドでも聞きながら待つことに。機内だとやはり機体からの通信しかよく聞こえなくなるようである。グラウンドの周波数からは何も聞こえないまま、ようやくプッシュバックしたのは54分遅れの1754であった。A滑走路へと向かう。滑走路前で待たされることもなく割と早めに離陸。ここでようやくClear to take offの交信がはっきり聞こえた。離陸後は交信が捕まらなかった。順調に飛行していると思いきや、また機長からのアナウンス。
「現在紀伊半島上空。伊丹空港で現在かなり大きくて強い積乱雲が通過中で空港が閉鎖されている。その後着陸してもスポットが開いていないためこのまま上空待機との指示が来ている。着陸許可の予定が分からないが2000時は大きく回る予定。」実際伊丹周辺はかなりの雷雨だったようで、着陸したもののスポットインできずに閉じ込められているとのツイートが多発していたらしい。2030到着。新幹線の方が早かったなぁ。まあしかし着陸前からスポットインまでは交信も聞けたし、あまり揺れもなかったので面白い経験をさせてもらった。
s-NH37.jpg

スポンサーサイト
編集 / 2018.06.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード