FC2ブログ
今月号の月刊エアライン誌は「買い」
カテゴリ:  業界(空港、メーカ、サービス) / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
久しぶりにエアライン誌を購入。
表紙には特集「世界のエアラインガイド」、全120社以上収録とある。これだけなら何年かに一度発行されるエアライン年鑑を買えば内容的にはそちらの方が当然網羅性が高い。今回購入を決断したのはその内容の深さである。各地域ごとにエアライン業界の動きなどがコラムとして記載されている。LCCやFSAに限らず貨物エアラインやフィーダーエアライン、ちょっと懐かしいエアラインの話題など盛りだくさんである。今回特に気づいたのだが、各記事の担当者が明記されている。各分野での第一人者の手による渾身のコラムである。著者の名前があることで、ただでさえ無機質になりがちな記事が、執筆者の思い入れなんかも垣間見えるようでかなり楽しい内容となっていた。

あわせてもう1つ。本ブログの読者の方の記事が掲載されていた。詳細はあえて触れないが、これまた印象的で目立つ内容で、これまた普段のその方の人となりが垣間見える本当に素敵な記事だった。恥ずかしながら買ってから、ご本人からのお知らせで気づいた始末。表紙に、期せずして「保存版」とあったが個人的には永久保存版となった。

本離れによって雑誌業界も厳しいと聞く。毎号というわけでもないので申訳ないのだが、刷新されたエアライン誌はかなり「大人」向けの内容となっていて読みごたえが半端ない。月刊紙もさることながら、これからの特集の単行本化も期待したいところである。
スポンサーサイト



編集 / 2018.10.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード