FC2ブログ
Herpa新製品 07-08月 2019
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
週末、Herpa Wings Magazine 2/2019が届いていた。同封のカタログから07/08 2019の新製品情報をひもといておこう。今回の新製品は16種、再販は2種とやや多めのリリース。とはいえ前回に比べるとちょっと話題性に乏しい。軍用機が2、特殊用途が1、ハウスカラー機が1で実質コレクション対象となるのは12種しかないからである。半面貨物機は無し(再販2種はともに貨物機)である。軍用と特殊用途機は3種ともにプロペラ機で、他はすべてジェット機となっている。
ワイドボディ機は8種と半数。今回は旧ソ連機が2種あるのも特徴的。A350は皆無で787が3種とここ最近は787モデルが主役になってきている。さらに新機材となる737MAXが2種同時にリリース。機体メーカ別ではAirbus 4、Boeing 8、旧ソ連製 2、その他 2と久々にBoeing主体のリリースとなった。
地域別にはヨーロッパ 10、北米2、アジア 4と極端なヨーロッパ偏重ぶり。アジアでは中国機が久々に2種登場する。
ではいつものごとく個別に見ていこう。

●Herpa 533324 Aeroflot Tupolev Tu-144S [CCCP-77109]
1976/4/29初飛行、1977/11/1にAeroflotに導入、1978/6には早々に運航停止している。ナローボディ機故パス(△)。

★特別塗装機★
●Herpa 533294 Air China Boeing B737-800 [B-5425] "Beijing Expo 2019"

2009/5/12デリバリ。同社は小型機から大型機までマルチで領域をカバーするFSAであるがその中でのB738は109機と最大勢力を誇る。最終的には140機程度まで増える見込み。この数にはB738MAXは含まれていない。北京Expo 2019は北京国際園芸博覧会であり、言わば花博である。その特別塗装機。小型機故パス(△)。

★新導入機材★最新鋭機材★金型がNew★
●Herpa 533416 United Airlines Boeing B737MAX9 [N67501]

今回の目玉第1弾。737MAXがついに登場。2018/4/23デリバリ。こちらもB737NG系列は計343機を保有している一大カスタマーである。そのうち14機のMAXはすべて-9である。MAXは実機については味噌がついた状況でああるものの、新機材モデル初登場は単純に喜ばしい。当然買い(◎)。

★最新鋭機材★金型がNew★
●Herpa 533287 Airbus Airbus A330-800neo [F-WTTO]

2018/11/6初飛行したA338の初号機である。前回のB779に続いて次世代機が着々とモデル化されてくる。まあここは実機デリバリを待つことにしよう。ただこの機体、現時点ではローンチカスタマーであるKuwait Airwaysから8機受注しているだけなので、モデル化されるのかちょっと心配なのだが。ハウスカラーなので対象外(×)。

★特別塗装機★
●Herpa 533379 Belgian Air Component Lockheed C-130H Hercules [CH-10] 70th Anniversary 15 Wing/45th Anniversary C-130H Hercules

1972製造。所属する部隊の75周年とH130という機体の45周年記念の特別塗装機である。が、軍用機なので対象外(×)。

★特別塗装機★
●Herpa 533317 British Airways Boeing B747-400 [G-BYGC] 100th anniversary BOAC Heritage Design

1999/1/19デリバリ。やってくれました、BA100周年記念塗装機は懐かしいBOACレトロ塗装機。記念塗装機ではあるものの、懐かしむだけならBOAC B741モデルを眺めていればいいのでレトロデザインはコレクション対象外(△)である。それはさておきBAではまだ34機ものB744が現役。そちらのほうがある意味畏敬の念を覚える。

★特別塗装機★
●Herpa 533393 British Airways Boeing B747-400 [G-BNLY] "City of Swansea" ,100th anniversary Landor Heritage Design

1993/2/10デリバリ。これもレトロ塗装機となるんだろうか。B744のLandorは実在してたので、実機なら楽しいがモデルであればclassic modelの再販やんかという感じとなってしまう。なので見送り(△)。

●Herpa 533331 Interflug Technische Prüfung Flugsicherung Ilyushin IL-18 [DDR-STP] "Graue Maus(Grey Mouse)"
1964年製造。1970/4/1導入、1978地質調査仕様に改装され当レジに変更。直訳すればインターフルグ技術調査航空局とでもなるんだろうか。その後1990/10 BerLineに売却、1994/8 AirUkraineに売却。特殊用途機なのでパス(△)。

★特別塗装機★最新鋭機材★
●Herpa 533300 China Southern Airlines Boeing B787-9 Dreamliner [B-1168] "787th 787"

2018/12/14Aercapからのリース導入。ネットでもカタログでもレジが[B-1186]となっていたがこれは誤りのようだ。モデル化されるときには修正されるだろうか。787機目の787特別塗装機である。気づけば1,000機目に着実に近づいている。特別塗装機ではあるが航空史に残るイベントなので買い(◎)である。

★特別塗装機★最新鋭機材★
●Herpa 533263 Etihad Airways Boeing B787-9 Dreamliner [A6-BLV] "Abu Dhabi Grand Prix"

2018/11/21デリバリ。既に31機(うち-9は26機)導入済。同社の主力となっている。恒例のF1特別塗装機である。悩ましいところだが見送り(△)かな。

★デザインがNew★最新鋭機材★
●Herpa 533386 Lufthansa Airbus A320neo [D-AINO] "Rastatt"
2018/12/7デリバリ。小型機故パス(△)。

★新導入機材★最新鋭機材★金型がNew★
●Herpa 532679 TUI Fly Deutschland Boeing B737MAX8 [D-AMAX]

2019受領予定。同レジは4代目となるが、B737MAXの初号機というほどの意味だろう。例の事故でデリバリは遅れることになるだろうが、これもまた楽しみなモデルではある。買い(○)。

★特別塗装機★
●Herpa 533362 Garuda Indonesia Airbus A330-300 [PK-GHD] 70th anniversary

2016/8/30デリバリと比較的新しい機体。同社70周年記念塗装であるがレトロ塗装機は対象外というポリシー故パス(△)。

●Herpa 533355 SAS Scandinavian Airlines McDonnell Douglas MD-82 [OY-KGT] "Hake Viking"
ある意味サプライズか。MD-82の80年代デザイン機がNG化されて再登場である。OGも味があって好みなのだが、一方でOGのNG再販化も熱望する身としてはうれしいリリース。何ならシリーズ化してほしいところである。買い(◎)。機体は1985/10/10デリバリ。その後1993/6/27 Spanairに売却、さらに1993/10/1 Reno Airに売却された。1995/3/16 再びSAS籍となり2012/12 保管状態となっている。

●Herpa 533348 Spanish Air Force Airbus A400M Atlas [T23-01] 311th Squadron 31st Wing Zaragoza Air Base
2016年12月1日デリバリ。現在3機が納入済とされるがその初号機らしい。スペイン空軍は27機を発注しているが、うち13機については防衛予算削減のあおりを受けて受入れ延期を表明している。延期される13機は実質的に他国に転売される可能性が高い。韓国空軍とのバータ取引が話題になったこともある。

★デザインがNew★新導入機材★最新鋭機材★
●Herpa 533256 Westjet Boeing B787-9 Dreamliner [C-GUDH]

今回最大の目玉(◎)。 2019/1/17デリバリされたばかりの機体で、既に3機が受領済。2018年に787導入を機にLCCからの脱却を図りデザインを一新した。新デザインでの737MAXのモデル化続くのかもしれない。



次いで、再販モデルである。基本的に見送り(△)ではあるが、なかなかいいチョイスである。
●Herpa 531023-001 UPS Airlines Boeing B747-8F [N607UP]
2017/10/19デリバリ、現在10機を運航中。このデザインも新しいと思っていたが2006年以来だからすでに13年にもなる。

●Herpa 526777-002 Antonov Airlines Antonov An-124 [UR-82029]
1991年製造、なお現役のようだ。50機以上が生産され、重量物運搬ビジネスでは今なお活躍している機体。
スポンサーサイト



編集 / 2019.04.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード