FC2ブログ
All Nippon Airways 1969-1983-
カテゴリ:  Japan / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
ANA 1969-1983全日本空輸 All Nippon Airways (1969-1983) (日本)
空を表現??
日の丸を表現??


All Nippon Airways 1983-全日本空輸 All Nippon Airways (1983-) (日本)
トリトンブルー。海を表現
モヒカンブルー。空を表現。
□機体の地の色


今更ながらであるが、B767にモヒカンの復刻塗装機が登場し、尾翼デザインの詳細な情報が得られたのでようやく描くことが出来た。

全日本空輸自体は1957年、東京を拠点とする日本ヘリコプター輸送から改称されて誕生した。翌1958年には西日本を拠点とする極東航空を合併した。日本の国内線を担当し、戦後の復興に合わせて順調に事業を拡大させた。1964年日本で初めてのジェット機となるB727を就航させ、翌1965年にはYS-11を就航させている。全日空のICAOの2レターコードは前身の日本ヘリコプターに因んでNHであり、さらにレオナルド・ダ・ビンチのデザインによるヘリコプターがトレードマークとなった。

1969年、B737-200の導入を機に2代目となるデザインとなった。チートラインに加え機体の上部にも同じ空色のラインを施した。真横から見れば2本のラインだが、機体真上にラインが来ることで正面から見るとモヒカン・カットのように見えることからモヒカンの愛称が付いた。ただし、髪型としてのモヒカン刈りが日本で流行り始めたのは1970年代の後期、イギリスのパンクロックの流行の結果だったので、この塗装デザインがモヒカンと呼ばれるようになったのも比較的晩年のことである。現在も社章として残るレオナルド・ダ・ビンチのヘリコプターは、尾翼にそのまま継承された。ヘリコプターを簡略化し、原図には無い羽根のような模様が特徴である。

3代目は1983年B767導入を記念して新CI導入したときのデザイン。濃い青はトリトンブルー、薄い青はモヒカンブルーと呼ばれ、ANAの信頼性と発展性を表す。モヒカンブルーは前デザインのデザインから継承されたもの。全体的なデザインコンセプトは米国パシフィック・ビジョン社高橋経氏、尾翼のANAのロゴは日本のプロテック社による。
Blue on Blueという名でプロモーションが行われており、2色の青が海と空を連想させる。

登場して既に20年を過ぎたが全く古さを感じさせない。意外とこの手の青は他のエアラインでもなかなか使われていない。モヒカンブルーによってさらに「青」がお互いに引き立てあっている。結果として海と空を連想するようになっているのではないか。白抜きの文字も映えるし、尾翼前端と先端に余白を設けたことも、機体へのラインの継続がうまく処理されていると感じる。最近流行のぼかしやグラデーション、曲線の多用とはちがって、実直さが感じられる。

次回B747-8かA380か判らないがもし、新CIを導入するにしてもなかなかこれを越えられないのではないだろうか。
スポンサーサイト



編集 / 2010.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード