FC2ブログ
コレクターへの道(11) Complete List
カテゴリ:  コレクターへの道 / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
モデル・リスト

 またそろそろHerpaの新製品の情報が発表される。今回はどんなモデルが発表されるのか。またInflightやAeroClassic、Hoganの動きも日々チェックが必要である。新製品が発表されるとそれをモデルのリストに付け加える。これが結構手間なのであるがこれを怠っていると、重複買いや買いそびれの原因にもなるのでリストのメンテナンスはおろそかに出来ない。

 そういうわけで長年メンテナンスしてきた市販モデルリストが現在2600モデルにもなっている。世間的にはHerpaだけで3000モデルあると言われているので、本当の意味でのComplete Listではないが、市場に出回っているモデルはほぼ網羅されている・・・はず・・・と信じてはいる。

例外は個人的なコレクションのポリシーによるもので、
  ◆箱の違いや同一モデルのロット違いの細かいヴァージョンは考慮していない
  ◆サンプルについては情報があっても除外している
  ◆C&CやSCHABAKなどコレクション対象外としているブランドはリスト化していない
ただしそうは行っても手に入ってしまった物はしれはそれでリストに追加してある。

さて、リストは現コレクションのリストと今後手に入れたい(ほしい)モデルのリストが含まれ、コレクションに変動があるたびにメンテナンスをしている。


リストの項目

 欲しいモデルに一覧として普段持ち歩くのはComplete Listの一部である。しかしこの一部であってもなかなかに管理すべき項目は細かくなってきてしまう。以下にリスト細目を挙げてみよう。

■モデルNo :各ブランド毎に付けられているモデルの番号。Herpaは5で始まる6桁の数字が使われている。InflightではIF5XXXYYYでXXXは機種、YYYはその機種での通し番号となっている。これによって同一モデルのバージョンの違いだけなのか、新しいモデルなのかを区別することが出来る。
■ブランド :モデルメーカーのブランド。全日空商事とJALUXはメーカーとしてはHoganに分類される。全く同じ機体が別ブランドから同時に出たりすることがあるので、1つを選ぶ時に参考にする。
■所有フラグ :当ブログでもたまに書くが、■はコレクション済み、◎はMust Buy、□はTo Buy、△は見送り、×は対象外、☆はレアモデルで見つけたら即買いだが、まあめったに見つからないので諦めモードのモデルである。
■属性 :L(Limited)は数量限定モデル、E(Exclusive)は企画モデルでレギュラーリリースではなくエアライン向けとか特定に地域だけに発売されるモデルである。当然数も少なく、店頭では一度売り切れるとめったに再入荷の無いモデルとなる。要チェックの候補となる。D(Discontinued)は製造終了モデル。
■発売年・月 :(日本の)店頭に並んだおおよその時期。古いほど入手は困難となる
■製造中止年 :Herpaが生産中止モデルを発表している。それ以外は限定モデルなどは1ロット生産なので販売年=製造中止年となる。
■機体メーカー:ボーイングやロッキード、エアバスなど
■機種 :B747-400とかA380-800などモデルの機種
■エアライン :航空会社
■レジ :モデルに採用されているレジ(機体登録番号)。レジ違いだけで別モデルと言うのも有るし、同じモデルNo.なのに製造時期によってレジが異なるなんてのもある。レジ違いは基本的にはリストに載せているが、レジが違うだけでコレクションすることは無い。
■金型 :Herpa、C&C、Netmodelに特有で、新旧のモールド世代を表す。NG/OGなど。OGだったモデルがモデルNoそのままにNG化されて再販されるということもある。この場合は「買い」となることが多い。しっかりチェックする事になる
■箱 :コレクション当時箱は全部廃棄していたが途中から箱のまま保存している。JAL Resort Expressなど貴重なモデルが箱なしだったりする。OGはバーゲンなどで安価に出回ることがあるので、昔買った箱なしのモデルを最購入することもある。そのときのためのチェック欄である。
■塗装種別:以外と大事で特別塗装、レトロ(復刻)塗装、広告塗装、ボーイングなどのハウスカラー、ファンタジー(架空)塗装、アライアンス塗装、通常塗装の場合はその時代(年代)を記す。特別塗装などはわかりやすいが、年代によって変遷する通常塗装などはこれが無いと区別が出来ない。JAL鶴丸は'70年代、JALの現行は'00年代といった記入になる。
■塗装備考:特別塗装も多彩なので、何の特別塗装機なのかを記す
■備考  :モデル自体の特記事項。例えばHerpaのクラブモデルであったり、3機セットの1つだったり、ショップの限定企画品だったり、その他外観や箱の形状が特殊だったりというその他もろもろの特記事項


以上細かい点が多いが、モデルを特定するにはこれくらいの項目が必要となる。
例えば、ANAのスヌーピー・ジャンボがモデル化されるというニュースがあったり、突然店頭で見かけたとき、それが過去存在した3機のスヌーピージャンボのどれなのか、はたまた過去のモデルと違いが有るのか等はこういったリスト無しにはなかなか判定しにくい。新モデルのニュースに接したり、コレクションが増えたりするたびにこのリストをメンテナンスすることも一つの楽しみコレクターの一つの楽しみかたである。

(続)
スポンサーサイト



編集 / 2010.01.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード