FC2ブログ
今月のコレクション MAY/2010 II
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
イベント出張でなかなか更新出来ない日が続いたが、しばらくそんな東名博の移動が続きそう。で本日は東京日帰り。夕方の羽田は政府専用機が2機止まっていたが、鳩山さんこれからどこかに行くのか。

で、今回の出張先は池袋。巣鴨が近いではないかということで開店を待って訪問する。早めの飛行機で行くと11:30の開店前に着いてしまう。奥の更科蕎麦(ここは結構うまい)で早めの昼食をとり、時間調整をして店内へ。まあ買い控えていたACのDC-10が無いかなくらいの気持ちで訪れたのだが今回は新製品コーナーより奥に行く必要がなかった。

■AeroClassics500 VIASA DC-10-30
ベネズエラの珍鳥である。できれば尾翼にVIASAの文字が入ったものが欲しかったのだがそちらは売り切れとのことで、ロゴマーク入りの方を入手。相変わらず期待以上の出来である。

■AeroClassics500 VARIG DC-10-30
こちらもブラジルの旧塗装。カーゴと2種が置かれていたのだがここは迷わず旅客型をチョイス。しかし人気のACも各1機ずつの在庫とは・・・入荷が少ないのか入荷とともに売れていくのか・・・

さてと、まあめぼしいものも買ったし寄った甲斐があったわいと一段落していると、あれ?JALのB773ワンワールド?Hogan?これが新製品?店員さんに確認すると確かに新製品で、再入荷ではないらしい。不覚であった。たしかに最近忙しさにかまけていたのと、まあ出費を抑えている関係上そんなに真剣に新製品情報を追跡しているわけではなかったのだが久々にやらかしてしまった。確信も持てず、結構いい値段だったので悩んだのだが、気がつくと「これもお願いします」と言っていた。
■Hogan JAL B777-300 OneWorld

さて精算とレジに向かったとき、本当に目の端になにやら気配が過ぎった。気のせいか?ん?・・・んんん?!「あ、気がつかれましたか?」店員さんの朗らかな呼び掛けと同時に正体がわかった。1/500専門コレクターとしてはもちろん1/400のIFモデルなんてのを買ってしまわないようにスケール表示は必ず確認するものなのだが、こと大型機になると明らかに箱のサイズで判別できてしまう。1/400でA380となるとこれまた箱のサイズが大きい。それくらいの大きさの箱が目に飛び込んできたのである。1/400でのやや大きめなので1/200の小型機かと思ったくらい。そこに、あったのである1/500の表示が!さっきの気配は巨大な箱と1/500の文字だったのである。そうついにAn225ムーリヤが入荷していた!
「ご覧になりますか?結構いいできですよ」「も、もちろん!」いやあ、デカイと想像してたがこりゃ本当にでかい。「でも、やっぱりいい値段しますね、次の現行塗装機まで待ちますわ」「いえ、新塗装機の方も人気が高くてそちらは早々に売り切れたんですよ」「なんですと?新塗装機も同時に入荷したの?」

しかし先程のJAL B777を買ってしまった身としてはムーリヤまで買うのは無ー理やと心の中で叫んで、今回は見送ってきた。それにこれから営業というのにどうせ買ったところでビジネスバッグに入るわけもないしと、次回購入までの楽しみと言う事でお店をあとにした。

再来週の出張には必ず!
スポンサーサイト



編集 / 2010.05.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード