FC2ブログ
TWA Trans World Airlines 1959?-198x-1995-2001
カテゴリ:  N. America / テーマ: アート・デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
TWA 1959-198xTWA Trans World Airlines 1959?-198?
  コーポレートカラー
 元々地球儀(世界地図)を表す
 □機体の地の色

TWA 198x-1995TWA Trans World Airlines 198?-1995
  コーポレートカラー
 □機体の地の色


TWA 1995-2001TWA Trans World Airlines 1995-2001
  コーポレートカラー
 ■
 元々地球儀(世界地図)を表す
 □機体の地の色
 これだけ有名なエアラインにもかかわらず、消滅して10年も経つとなかなか詳細な情報はリサーチしにくい。特にデザインについてはまとまった情報がなくある程度推測せざるを得ない。

TWAトランス・ワールド航空はTWAは1930設立のアメリカのかつてのメジャーエアライン。1940年代にはすでにBig 4の一角をなしていた。アメリカ国内の郵便輸送を請け負ったり、大西洋単独初横断したリンドバーグを役員に向かえたりと着実にその名声を上げて行った。TWAはパイロットのエアラインとも呼ばれ、常に新機種の開発・導入するエアラインとしても有名だった。創設間もない1932年にははDC-1を要求し就航させたほか、L1049など名機を世に送り出した。その背景にはスピード狂と言われたハワード社長の膨大な資金力があったのだが、会社を私物化しているとの訴訟で身を引いてからは、後任の経営者による多角経営がことごとく失敗、カーター政権の規制緩和による競争の激化で、リストラ、路線の縮小などで生き残りを模索していたものの1996年に発生したB747墜落事故で旅客が激減してしまった。その後小型機による国内路線にシフトして行ったが2001年ついにアメリカン航空に吸収され消滅した。

◆1959?-1908s
ジェット化されたのは1959年のB707導入が初めてだった。おそらくそれを機にデザインを一新し、今なおオールドファンの多い"Twin Globe"の愛称のあるデザインに変更に成ったと思われる。それまではフラッグシップであるL1049コンステレーション等を始め尾翼に2本のストライプが入っただけのシンプルなものだった。尾翼の地球儀は国際線への更なる飛躍を表したものだったのだろう。機体もコーポレートカラーである赤いチートラインが引かれただけのシンプルなものだった。

◆1980?-1995
1980年代規制緩和の本格化を受けてTWAは急速に経営危機に見舞われる。その建て直しに大鉈を振るったのがアイカーン社長である。それまでの経営方針を180度転換させるような取り組みの中でこのデザインが採用されたようだ。詳細な年代は不明だが、新機材導入や、アライアンスと行った派手な理由はあまりなさそうな時期の新CI導入である。機体は往年の赤いダブルストライプが復活、尾翼はシンプルに赤い四角の中にTWAのロゴが抜かれただけの本当にシンプルなもの。ホワイト地に赤単色ではワイドボディー機にはあまりにシンプルすぎ、一見貨物機のようにも見える。

◆1995-2001
1992年の破産法申請から3年後、様々なリストラを経てようやく衰退に歯止めが掛かった1995年に発表された新CIである。派手な国際線や大型機を次々に売却し、B757やB717など小型機によるアメリカ国内向けの路線に集中するようになった新生TWAの復活・生き残りをかけた新CI導入である。シンプルすぎた赤単色のデザインに、太い黒いラインを加えて力強い印象となった。さらに赤と黒の間に細い金の線を加えて全体的にエレバンと名雰囲気が感じられる。国内線と言えどもフルフェアの旅客を大事にすると言う戦略とも良く合うデザインと言えるだろう。機体のチートライン上には世界地図も復活した。金色はかつての地球儀の系譜だろうか。


スポンサーサイト



編集 / 2011.01.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード