コレクション考
カテゴリ:  雑感
先日、梅田阪急百貨店にて恒例の英国フェアが開催されていた。あまり出向かないフェアではあったが今回は事情があって新大阪店さんからの帰りに寄ってみた。食材関係のコーナーは相変わらずごった返していた。目的の英国雑貨店には担当者の方2名が対応されていて、うち女性の店長さんらしき方が常連さんにつかまっていた。若い男性店員さんと話をしてみる。

「ネットで見ましたがこの夏工場が閉鎖されたんですね」
「そうなんです。資金繰りが詰まって今年で会社を清算したようで、今年の新製品の入荷はこれが最後になると思います。英国フェアへの出店も今年が最後になるでしょうね・・・」
「寂しいですねぇ。結構世界的に人気が有ったと思うんですが・・・在庫もほぼなくなりそうですか?」
「今回最後という事で、優先的に在庫を回してもらったんですが。このあと2箇所で出店するんですがそれが最後になりそうです。」
「というと今並んでいるのが最後という事ですか?」
「いくつかはあります。初日に低額のものは一挙になくなって、週末の分の手配をしたんですが・・・」
「復活は難しそうですかね。」
「そうですねー、人気もそれなりに有ったので出資者が現われてくれればいいんですが・・」

知る人ぞ知るLiliput Laneである。英国の古い建物・住居をモチーフに、こぶし大のミニチュアの家を製造販売するブランドである。モデルは全て実在の小さな家ということで必ずしも由緒があるとか歴史的建造物ではない普通の家らしいところが、お気に入りだった。カミさんが昔英国に短期留学したことがあったらしく、英国好きを認識していた私は、数年前からこのコレクションを年に一つづつ寄贈し、コレクターの心情を理解させようとこれ努めてきたのであった。そのLiliput Laneが解散したというのである。調べてみると1980年台から始まったようだからそんなに歴史があるわけではないが、その知名度は阪急百貨店英国フェアの常連になるほどの人気だった。

以前にもちょっと触れたが、こういう定番コレクションが無くなるのは大変寂しい。EU離脱の影響ではないだろうが、じわじわと非生活必需品の需要が縮小していっているような気がする。今は価値観の転換期なんだろうか。車や、オーディオ、カメラなんかがかつてほど売れなくなった。こういったものが売れていた1990年台から、今やゲームやネット、通信に消費の大きな部分を割くようになった。実体のないものに高額のプレミアが付いたりするものの、後には何も残らず時間だけが消費されていく。作り手(ゲームクリエータ)は一握りに限られ、下請とか派生ビジネスといった産業のすそ野の広がりが無いため、産業としての力に欠ける。例えば車だとオートバックスやガソリンスタンドに加えて旅行や輸送業、修理や中古車販売といった別の産業にも波及するが、ネットビジネスには残念ながらここまでのすその広がりは望めない。

Liliput Laneは高々数十人の従業員でやっていた英国の中小企業だが、古いものを留め共有し還元したいという姿勢に敬意を払いたい。しかしすでにネットでは商品が品薄&高騰しているようだ。Herpa 1/500もいずれ同じような運命をたどらないとも限らない。大げさに言うと今は歴史を共有しているわけで、今をせいぜい楽しんでおきたいものである。
編集 / 2016.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ウルトラQ 「206便消滅す」
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週末の3連休は、新潟に配属された子供と長野で落ち合い志賀高原に。山中のトレッキングで未だに筋肉痛である。で、旅行から帰ってきて翌日は念のために年休を取っていた。身体を休めながら週末撮りためた番組を見る。総天然色ウルトラQは「206便消滅す」。予想通り飛行機もの。国産初の超音速旅客機206便が飛行中異次元空間に迷い込むという話だが、羽田空港が短時間ではあるが映っていた。冒頭、4発のプロペラ機がタキシングしてくるが全日空のバイカウントだろうか。遠目にずんぐり見えたのでB377かと思ったが。もしかしたらキャセイなんかのL-188かもしれない。パーンして東亜国内航空の尾翼と日本航空のDC-7らしい尾翼が2機並んで見える。国際線カウンターでは、キャセイ、タイ、SAS、スイスの各カウンターが見て取れる。その後のシーンではルフトハンザとSASのB707らしい4発ジェット機が遠望できる。

放送当時は日本航空がBoeingの超音速旅客機B2707を5機発注していたこともあって、超音速機への関心が高かったようだ。当時の超音速ジェット機に対するイメージがよくわかる。機首はさすがに涙滴型であるが、デルタ翼で、エンジンからは黒煙がモクモク。機内は3+2席で喫煙コーナーが別にある。パイロットは2名制である所が当時としては目新しい設定ではないだろうか。しかしまあ今にして思えば、知り合いの博士の教え子が管制塔に居るという事で、そちらにずかずかと入室したり、主人公が事故機と交信したり、負傷したパイロットに代わってセスナやヘリのパイロットが「大丈夫です、ぼくらもパイロットなんです」なんて普通に操縦したりと、あまりのことになんだかほほえましいシーンが続く。

内容はともかく古い空港シーンが出てくるといつもの事ながらなかなかに興味深い。
編集 / 2016.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今週のチャーリィ古庄さん
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週マツコの知らない世界でLCC特集がありチャーリィ古庄さんが出演されていた。マニアっぷりに変態扱いされてたが、LCC4社の活躍が紹介されていて楽しめる内容だった。番宣かと思ったが新しい本の紹介は無かったようである。

翌日早速駅の書店で買い求める。
「旅客機を見れば世界が分かる」(チャーリィ古庄著、\1,500 イカロス出版)

航空業界から見た世界情勢、文化、歴史という内容で大変興味深く拝読させていただいた。さすが世界をまたに駆けて活躍されている方の事だけあって、実際に現地で見たり聞いたり感じたりした事がリアルに語られている。記事内容も今年の夏頃の情報まで盛り込まれていて新鮮である。飛行機写真もいつも通り美しい。

出来れば定期的にこういった本を出して頂きたいなあ。
編集 / 2016.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
電子博物館第2弾構想
カテゴリ:  雑感 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
まだ「残念な飛行機たち」を読み始められない。別の文庫本(全4巻)を読み始めてしまっていたからである。ただ。この本に触発されたわけではないが、商業航空ビジネスが定着して高々80年ほど、その歴史を振り返るのもおもしろいかなと思うようになった。まあ、1/500モデルも世に出てはや20年、新旧様々な機体がモデル化されてきた。貨物機を含む量産商用機で考えると1930年台のDC-3やJunkersから最新のA350まで、主だった機材は大体揃っている。電子博物館構想第2弾はモデルで振り返る商業航空史とでもなるだろうか。

さて、ちょっと考えてはみたもののこれがなかなか骨が折れる。機材によって活躍した時代が厳密に定義できないのである。機材毎の歴史の始まりから終わりをどう定義するかが問題となる。始まりと終わりにはいくつかのマイルストーンがある。
まず始まりは、開発発表、初受注発表、試作機ロールアウト、試作機初飛行、型式取得、量産機初飛行、初デリバリ、初就航などが該当する。一般的には初就航こそがその機体のデビューと捉えるのが自然なんだけど。歴史の表舞台への登場である。ただ、なかなか機材の初就航の記録は見つけるのが難しい。初就航させたエアラインの記録が残っていないことが多いからなんだろうが。そこで次善策としては初デリバリが考えられる。ただ、初デリバリ直後にトラブルが多発して営業フライトまでにかなりの期間がかかったりすることも実際にはあるので、判る範囲で初就航の日付も調査しておいた方がよさそうだ。

一方終わりはというとこれがまた難しい。最終初飛行、最終デリバリ、最終就航、最終フライト、最終機登録抹消などが該当するが、後半はほぼたどるのは不可能だろう。世間的には普通に利用できなくなる日だから最終フライトが歴史の終わりというのが最もしっくりくるが、これまたなかなか調査するのがしんどい。ConcordやB747のように一世を風靡した機材ならいざ知らず普通は人知れず本当のラストフライトを終えていく機材の方が圧倒的に多い。また最後の1機だけが長年頑張っているという例もある。

と、色々考えて見たが、とにかく始まりは最デリバリ(と、初就航)、終わりは最終デリバリとすると情報を集めやすそうである。今でもMD-11やB744はバリバリノ現役で時代を支えてはいるがやはりそれはそれ、もう作らないよと言われた時点がピークなので、そのピークをもってその機材の歴史の区切りということで一旦は考えてみよう。

とはいえHerpaを始め1/500では200機種を越える。なかなかこれも長丁場になりそうだ。
編集 / 2016.08.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
残念な旅客機たち
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
帰宅時急行に乗りそびれたので本屋で次列車待ち。やっぱり寄ってよかった。

●残念な旅客機たち(イカロス出版)  2,000円(込)

昔、消えたエアラインという名著があったが今回もそれに匹敵するか。残念と言うだけあってマイナーな機材のオンパレードである。まだちらと立ち読みしただけだがかなり読み応えはありそうである。機材そのものの出来とか、ライバル機の登場だけではないビジネス面での環境の変化や株主との衝突など、社会性にまで切り込んだ記事内容と見受けた。今呼んでいる文庫本が明日位に読み終えるのでそれからじっくりとページをめくって行こう。
編集 / 2016.08.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
夜の伊丹空港
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
子供が週末大阪への出張で帰省していた。最終便で新潟に帰ると言うので見送りに。1935発ANA519便新潟行きである。この時間帯に空港に来ることも無いなぁ。

カメラ持ってこなかったのでせめてスマホで雰囲気だけでも。19時のターミナルは昼間と違って大忙しである。新潟行きは左手のB738。手前にはB763WLがスポットインして来た。国際線仕様がなんでここに?しかも13番ではなく9番に?たしかにには仙台行きのB763がいたが。写真には映っていないが10番には羽田からのB772が11番には13番スポットが塞がっていた為らしい。というかこれが日常なんだろうか。11番には787まで。離発着が重なりタキシングが渋滞するほどである。この時間帯も良いなぁ。
s-写真 (4)

定刻の出発を見送って目をJALサイドに見やるとB7732が到着していた、機体後部のみ暗くてよく解らないがJET KEIと書かれている。これも確か国際線では?遠いし暗いし、風も強くてぶれるしスマホでは苦しいが、ぎりぎりそれとわかる感じでは捕らえた。やっぱりカメラ持っていくんだった。
s-写真 (3)
編集 / 2016.07.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
週末のショップ巡りも収穫無し
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
7月1日金曜日。サマータイムが始まった。終業のチャイムと共に日本橋経由で帰宅する。本来はスマホ周辺機器などが目的だったが、ここは店舗巡りも欠かせまい。
まずは日本橋量販店さんに。ありゃ?飛行機モデルコーナーが衣更え。法面にあった全日空コーナーがレジ近くに単独移動していた。このまま縮小とならなければいいが。Herpaの小型機が入荷しているかと思いきや未入荷。しかし新製品は確実に陳列されている。

本来の用事を済ませて中古品店さんへ。最奥のプラモと一緒に平積みされている。前にも増して飛行機モデルが減っている。需要が確実にあるわけだ。ここでも今回は収穫は無し。まあそうそう掘出物があるわけでも無いし、Nゲージのジャンク品などを冷やかす。これはこれで楽しい。

さてなんばから御堂筋線で梅田に出るとなれば芝田の中古品店さんにも立ち寄らねば。ガラスケースを一つ分占めているのでそれなりにモデルがあるものの前回と変わらず。ここでもまたNゲージのジャンク品を漁っておく。古い気動車なぞに出くわすとサイフのひもが緩むが、今回はこちらも収穫無し。

まあ何もないよりはマシということで帰路につくのであった。そろそろ意中の小型機が入荷する頃なんだけどなぁ。
編集 / 2016.07.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ウルトラQ
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週末の法事で家を空けていたので先週末の録画番組を片付けておく。ブラタモリ横須賀編。空母ロナルドレーガンまで乗艦して取材するとは。同番組は地形や地質の情報に触れて町の成り立ちを説明してくれるので国土地理院から賞をいただいたのだとか。潜水艦や軍艦についても造詣が深そうなタモリさんである。今後防衛省からも賞をもらうことになるかもしれない。

さて、本題はブラタモリではない。総天然色ウルトラQ。関西では週末深夜に京都テレビで放映している。今回は冷凍怪獣ペギラが出現して東京を氷河期に陥れるというSFサスペンスである。んなことはどうでもいいのだが、さすがに1960年代の作品とあって古い映像が味があっていい。

冒頭は1960年代半ばの羽田空港から始まる。鶴丸以前のJALのDC8が画面右奥から黒煙を吐いて着陸してくる。そこにキシングしていくJALのDC8が左からフレームイン。望遠効果で4発エンジンの息遣いが聞こえてきそうな迫力である。白黒映像をデジタル着色したものらしいがあまり違和感がない。画面が代わって羽田空港を右から左にパーンしてなめていく。BOACのDC-8が見える。やや手前にSASのDC-8、パーンした先にルフトハンザのB720と豪華な顔ぶれ。ルフトハンザはレジまではっきりと映し出されている。D-ABOMは1961年6月~1966年1月までルフトハンザに在籍していた。BOACの背後には全日空のYS-11がタキシングしている。

場面としては1分もない短いものだが当時の羽田の動画なので、貴重な映像である。場面は変わり東京管制室。管制中の管制官に交代要員が週末ドライブに行かないかと誘って声掛けけ。ありえん。突然着陸進入中のDC-6が空中で停止、爆発落下する。これは特撮としては唐突だがなんと冷凍怪獣ペギラは反重力場を形成することができるのである。その後ペギラの冷凍光線によって氷河期に突入した羽田空港では、ルフトハンザB720がつららを垂らして冷凍漬けになるという。しかしこの時冷凍化されたB720のレジはなぜかD-ABOQだった。当時羽田には2機駐機していたという事になる。ちなみにD-ABOQは実在の機体で1962年から1966年に在籍していた機体である。おそらく映画のセット用に撮影した機材が-ABOQで、ロケ撮影時には-ABOMがいたんだろう。

で、よく見るとSASの背景には不鮮明ながら、白地に赤いマーキングのDC-8らしき尾翼が見える(ただし白黒にデジタル着色したものらしいのでまったく別の色かもしれないが)。色が忠実だとしてDC-8の奥にあって尾翼の大きさにあまり違いがないという事は大型機に見える。イメージとしては日本国内航空のCV-880が最も近い。もしそうだとすると同社のCV-880は1機しかなくレジは[JA8030]である。元はスイス航空に1961年デリバリされたが日本国内航空には1966年1月5日に導入されている。そのデザインのまま同年7月1日に日本航空にリースされた。同年8月26日、羽田空港離陸訓練中に墜落事故を起こし乗員5名が犠牲となった。墜落時も日本国内航空の塗装だったようである。和図が9カ月足らずの在籍中に、ウルトラQのロケに乗ったという事である。この回の初回放映は1966年4月3日であり、D-ABOMが同年1月にはPanAmに売却されていることから、場面は1966年1月、日本国内航空へ導入されたばかりのCV-880と退役寸前のLH B720Bが羽田で前ということで大変貴重なシーンという事になる。

ペギラを攻撃する航空自衛隊の戦闘機はF86セイバーである。最後にペギラを退治したのが元ゼロ戦乗りの出稼ぎ労働者が、セスナで突っ込んでいくという今出は放映すら危ぶまれるストーリである。

各社のロゴも羽田空港の広告看板も当時のままである。今なら版権の問題で尾翼にぼかしが入る所だ。古い映画とかドラマ映像にはこういう資料映像的な楽しみかたがある。
編集 / 2016.06.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
週末から高知へ
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
6/18(土)から21(火)まで法事で高知へ行っていた。レンタカー付きのじゃらんを利用する。伊丹=高知なのでANAしかない。新潟だとほぼJALになる。それでもマイレージがつくのがありがたい。

6/18 ANA1605便 1020→1105。機材はB737-500[JA406K]である。伊丹では5番ゲート。19Fはやや後方の右窓側。満席というほどでも無いがそこそこの混雑である。小豆島を右手に剣山、安芸市上空をへて一旦会場に出た後、さらに山側からの進入となった。定刻5分前に到着。エアージャパン機内限定なのだろうか、紙うちわと日本MAPが座席ポケットに。なかなか気が利いている。日本MAPは機内からの日本の風景地形を眺めてみるという企画リーフレットで、北海道から沖縄まで6地域の詳細MAPが載っている。詳細というにはいささか粗いが見所としては充分かもしれない。今回は視界もよく四国の山並みが手に取るように眺められた。

帰阪便は6/21 ANA1608便 1405→1450。待ち時間があったので展望台へ。小牧行き折り返し便のFDAがやってきた。紫色の[JA06FJ]である。FDAをこんなにゆっくり見たのは実は初めてである。小牧、静岡の地の利をいかして順調に路線を延ばしているのが何とも嬉しい。さて、帰阪の機材はDHC-8-Q400[JA854K]。11A席は主翼の真下。日陰になるのでなかなか快適である。眺めもよく、関空がよく見えた。T3のエプロンもほぼ形としては出来上がっているように見える。豪雨後の晴天というと気流も乱れそうなものだがほとんど揺れることなくスムーズなフライト。Q400も結構搭乗するんだがあまり揺れるという記憶が無い。出発は5分遅れだったものの定刻着。
s-FDA.jpg s-Q400.jpg s-KIX.jpg
スマホで慌てて撮ったので画像としてはなかなか粗いがまあ記念として残しておこう。

フライトは快適だったが毎日の飲み会で少々胃もたれがする。暫くは摂生せねば。
編集 / 2016.06.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特別塗装機についてのコレクションポリシー
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
今月から欲しいランクを1つ追加した。▲はこれまでのパス(△)と買い(○)の中間レベルで、どちらかというとパスといった意味合いである。未練なのである。特別塗装は航空業界に関係はない。なので自由なデザイン、派手なデザインが多いのだがそれだけに、芸術性が抑えられる傾向がある。ものの本によるとデザインと芸術の決定的な違いはそこに規格が存在するか否かということらしい。芸術は唯一無二のものだがデザインはコピーして他所で使用することができるようになっている。たとえばEmiratesのサッカーチームの特別塗装機は厳格な定義はないものの選手の顔など商標という形で利用方法に規格(規制という名の)があるわけだ。かつてのBritishAirways のWorldデザインのように、世界各国の芸術を尾翼にあしらった場合も芸術作品のコピーである以上、デザインなのだろう。たとえば機体をキャンパスに画家が直接絵を描いてしまえばこれも芸術といえるのではないだろうか。
さて、芸術論はともかく、特別塗装機モデルを原則パス(▲)にしたわけだが、それでも全てを▲にしているわけではない。一口に特別塗装と言っても以下のようにいろいろあるわけで、それぞれについて欲しい、我慢、不要を振り分ける必要があるわけだ。

×:ad:エアラインには関係のない企業・個人・商品の広告用塗装、または企業広告としてのエアライン情報"xxx.com"などのロゴ。
▲:promotional:adに近いがよりエアラインとの結びつきが強い、特別塗装以外のプロモーションも合わせて行われることが多い。映画や旅行、就航地の観光プロモなど。国家的行事やECO活動なども。
▲:seasonally:クリスマスなどの年中行事に関連した特別塗装
△:sopnsored:イベントや参加チームへのオフィシャルスポンサーとしての特別塗装
▲:anniversary:エアライン設立周年記念、搭乗者達成記念、路線開設周年記念などエアライン自身のイベント用プロモーション
▲:sports event:sponsoredに近いがより公的で広範囲にわたるオリンピックなどスポーツエベント向けの特別塗装
○:alliance:航空連合の特別塗装
△:retro:会社継続記念などをきっかけにしたかつてのデザイン復活
○:hybrid:2社での事業提携をアピールする為のプロモーションデザイン
×:house:機体メーカーのオリジナルデザイン。最近は見栄えを気にしたプロモーショナルなデザインが増えた
○:delivery:機体の初号機に施される特別塗装。houseカラーをそのまま利用することもある。逆に退役に際して施される特別塗装も存在する。また1000機目デリバリなどもこの範疇。
○:test:お試しのデザイン。採用されればいいが日採用だと幻の短期デザインとなる。
▲:series:特別ではないものの機材別にバリエーションを持たせたもの

エアラインの歴史をほうふつとさせるもの、エアラインの戦略が垣間見えるようなデザインは○である。小型機はこれまで通り全て△となる。逆にこれが日系モデルとなると基本○となる。実際には▲が結構揺れ動くわけで、今後の財布との相談になっていくだろう。
編集 / 2016.06.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード