Herpa Aeromexico B788
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
例によって連絡が。

週末は別の用事があるので、金曜仕事帰りに新大阪駅店さんに。柴島から徒歩15分ちょっとである。夕方の時間は堺筋線は本数が多くなるのだが、天六止まりと、阪急京都線準急などが挟まるので3本に1本しか利用できない。高架駅になれば全列車停車してくれるんだろうか?用地買収が遅れていてかなり先のことになるらしいが。

閉店間際に到着。無事入手である。

■Herpa Aeromexico Boeing B787-8 [N961AM]
s-P1070178.jpg


2017年1,2月モデルが日本でもリリースされた。かつてのような大幅な遅れは徐々に解消されているような感じがするが、それでも小型機は心持ち遅れているような気がする。本日はこの1機のみ。現時点でのリリース待ちのB787モデルは以下の通り。

●Herpa Air France Boeing B787-9 [F-HRBA]
●Herpa Norwegian Long Haul Boeing B787-9 [EI-LNI]
●Herpa TUI Airlines Belgium Boeing B787-8 [OO-JDL]
●Herpa Uzbekistan Airways Boeing B787-8 [UK-78701]
●Sky500 Air Austral Boeing B787-8 [F-OLRC]

実機のデリバリー同様、モデルもそこそこのペースになってきた。
編集 / 2017.03.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
落穂拾い、日本橋にて
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
滅多にないことだが土曜日に日本橋界隈に出かけることになった。

特に何かを期待して行ったわけではなかったが念のためいくつかショップを訪ねる。量販店さんでは新製品がコンスタントに入荷している。目当ての小型機は無かった。未集の大型機も入荷していたが、新大阪店さんからの入荷を待つことにしここは我慢した。全日空コーナーは1/200が随分と増えたような感じである。MRJやスターウォーズモデルも出揃っていた。1/400ですら新モデルを最近は見かけない。全日空商事さんは1/200にシフトしていきそうな雰囲気である。寂しいことである。

ついでに寄った中古品店さん。先日ATR42-600のオフィシャルモデルを入手した所である。当然前回と変わらない。しかしせっかくなので前回ちょっと悩んだ一品をお買い上げ。707モデルを持っているので元々は入手優先度が低いモデルだった。が、格安ゆえ食指が動いたのである。しかも何と2月末までセールということで更に10%引きであった。
■Herpa Turkish Airlines Boeing B727-200 [TC-JBG] Ankara

しかしなんだなぁ。今回といい前回といい、はたまたNZ744OGといい、どういうコレクションの中からこの組み合わせが売られてきたんだろうかと思う。早速帰宅後開封。保護ケースがやや黄変している。水平尾翼もやや黄変が見られるが全体的には状態のいいモデルである。しかし発売10年で黄変が始まるのもちょっと早いような気もするが。保護ケースも同じく黄変が始まると言うのが解せない。もっと昔のモデルでも黄変がほとんど無いものもがほとんどだからである。長年展示していて紫外線に晒されていたのか、はたまた半乾きの接着剤などとの化学変化なのか。まあ想像するしかないのだが。

CCLでコレクションを登録する。ありゃ?レジが違う?CCLではTC-JCDとしていた。WingsMagazineを確認すると-JBGとなっている。-JCDも実在する機材である。発表時とレジが変わったのかもしれない。2000機限定モデルとなっていた。

B727は計13機が登録された。-JBGは1974年11月21日にデリバリ、1980年まで在籍していた。その後政治的にはちょっとややこしい北キプロスのKTHY Kıbrıs Turk Hava Yollarıに移籍となった。最終的には2002年リビアのBuraq Airに売却されている。2010年トリポリのミティガ空港に保管状態となったがその後の内戦によってその後の様子は不明である。ただGoogleの衛星写真では数機のB727が映っているのでそのうちの一機が元TC-JBGなのかもしれない。
編集 / 2017.02.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新コレクション 待望の3発機2種
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
予想通りの新入荷連絡。散髪&ビール調達を口実に出かけるところとなる。
1月と違って2月は隔週でお邪魔している。

■Herpa LTU McDonnell Douglas MD-11 [D-AERB]
■Herpa Martinair CARGO McDonnell Douglas MD-11F [PH-MCP]
■Herpa Egyptair Airbus A330-300 [SU-GDU]

以上3機。3機とも久々の定番コレクションである。ダブル3発機というのも久々である。と言うわけでそれぞれOGとのツーショット写真を。

20170218-01.jpg
旧LTUは箱無しだが黄変も少なく、パッと見はメインギア以外はそんなに差が無いように見える。細かい所と言えばドア枠の塗りわけだろう。旧モデルではドア枠が中央の白帯の幅に収まっているが新モデルでは上下の赤地の部分だけ反転して白線枠となっている。こんなところの塗りわけなんかもかなりの手間がかかっていそうだ。OGに比べて割高なになるのも納得である。

20170218-02.jpg
代わってMartinair、こちらは箱に入れていたのにも関わらず黄変が激しい。初めて倉敷店さんに直接お伺いした時に購入した思い出の逸品である。旧モデルはオランダのショップ限定モデルだったが、是非旧塗装の復刻版を期待したいが。

20170218-03.jpg
Egypt旧デザインはNGが出ていない。'97年からの濃い紺色の色彩はm夜の空港では尾翼にホルス神だけが浮かび上がってアラビアンナイト的な雰囲気で結構お気に入りだったのだが。このところ10年毎にデザインを変更しているので来年当たりそろそろ変わるかもしれない。
編集 / 2017.02.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
たまにはこんなのもいいか
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今日は調整年休を取得。昨日帰宅途中に久々に中古専門の芝田店さんに顔を出す。レイアウトがまた変更されていた。飛行機モデルは入口付近右手に移動していた。特に新入荷もなく収穫無し。で、今日は雨も降ってきたし、出かける用事が無くのんびりしていたのだが、朝御堂筋線が運転見合せとの報を受け急遽カミさんを新大阪の職場に送って行ったのである。まだ新大阪店さんは開店前だし、昼過ぎ位には入荷の連絡があるかもしれないと、そのまま日本橋へ。まずは量販店さん。やっぱり新入荷がいくつかあるなぁ。午後あたり連絡がありそうだ。続いて中古専門店さんへ。ここは一番奥にあったが前回来たときは飛行機モデルは皆無だった。あれ?いくつか入っている。珍しいなぁ。NZ744 OGなんか有る。・・・既集だなぁ。
あれ?この箱は?!

本来はコレクション対象外だが、600円と破格の値つけだったのでつい手が伸びた。たまにはこんなのもいいか。
■Hogan Avions de transport régional ATR ATR42-600 [-] "An Alenia Aeronautica and EADS joint venture"

20170218-04.jpg
ATRの新シリーズ42-600の72-600のプロモーション用のモデルだったと記憶している。外箱もATRの住所が印刷されている。スタンド付き、機体下部にはHoganのロゴマークもしっかりとプリントされたもの。レジは無く、実機ではなくおそらくはプロモーション用の想像図をモデル化したのもだとは思う。
先月JACに初号機が導入されたのも記憶に新しい。金型あるなら是非モデル化して欲しいところだ。
編集 / 2017.02.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今年初のコレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
木曜朝出勤すると、久々にコレクションの先達にお目にかかった。
「そういえば昨日倉敷から大量に荷物が届いていたで」
「おー、そうなんですか」
「これと、これと、これと・・・・」
数々の伝票を開陳していただいた。ほぉー、ということは週末辺り連絡がありそうだなと構えていると翌日お昼に電話が。早速仕事終わりに立ち寄る。今は客先に行きっぱなしなのでなかなか新大阪には立ち寄りにくいがそれでも地下鉄を乗り次いで柴島から徒歩15分、18:40には到着した。

■Herpa TUI Airlines Boeing B787-8 [PH-TFL]
■Herpa LATAM Airlines Boeing B767-300WL [PT-MSY]

他はretroのマレーシア744だとかUEFA塗装のトルコ333とか、Emirates380など。Rossiya AirlinesやEgyptはまだのようだ。小型機もいくつか入荷していたものの特別塗装機が多大体パス。でもやっぱり現物見たらいいなーということで追加購入。

■Herpa Nok Air Bombardier DHC-8-Q400 [HS-DQA] "Nok Anna"
以上3機。しかしまあなんである。結局1月はコレクション皆無であった。1が月通してコレクションが無かったのはリーマンショック直後の2009年以来である。
ここでもStar Flyerモデルの話題でひとしきり盛り上がる。別レジや他エアラインについても気長に待っていればまたいい事もあるだろう。
編集 / 2017.02.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
KLM Orange Pride
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
s-20161224-1.jpg s-20161224-2.jpg s-20161224-3.jpg

12/22木曜日。忘年会を終え帰宅すると例の小荷物が。ベルリンからの宅配便である。翌日は急遽休日出勤となり、ようやく本日開封の運びとなった。やけに箱がでかいが注文品は1個である。早速開梱する。この箱は元々製造工場からの運送梱包なんじゃないだろうか。6個のモデルが入るような大きさ。やけに厳重な包みの中それはあった。

s-20161224-4.jpg s-20161224-5.jpg
■Herpa KLM Royal Dutch Airlines Boeing B777-300ER [PH-BVA] "Orange Pride"
オレンジと青と言うお互いに汚しあうような色をよくグラデーションで表現できたものだと感心する。JASのB772のリボン模様につぐ難しさだったのではないだろうか。これで31ユーロは安い買い物である。箱も特別仕様で普通赤いHerpaのコーポレートカラーだが、そこがオレンジ色になっている。モデルはスタンドこそ付いていないが、スタンド用の穴はしっかりと準備されていた。2016年を締めくくるにふさわしいHerpa渾身の作品である。

それにしても1個口なので結果送料が高くついてしまったなぁ。まあ国内で買うのとトントンだな。
編集 / 2016.12.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
久々のお呼び。Herpaを求めて
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
久しくお呼びが無かったが急遽まとめて入荷するとの知らせを受けて早速新大阪店さんに。今日は別件で年休、しかも終日掛かると思われていた用事が午前中で終わってしまっていたのだった。散髪に出かけるとカミさんには告げ、そそくさと出かける所となった。

■Herpa Air China Boeing B787-9 [B-7877]
■Herpa Air Europa Boeing B787-8 [EC-MIG] "Scholas"
■Herpa Thai Airways International Airbus A350-900 [HS-THB] Wichian Buri
■Herpa Cubana Ilyushin IL-62M [CU-T1280] Febrero

今回のターゲットはこの4機。EmiratesのアーセナルB772LRは見送り。KLMのオレンジB773は別に発注済み。EdelweissのA343はA333が既集なので見送り。あとは小型機。でも今回はB787が2機種とA350が1機種のリリースである。Air EuropaはWings Magazine 6/2016にも記載されていたが、ローマ法王のメッセージとScholasのロゴが追加されていた。
メッセージがかなり細かいが機体後部におそらく自筆のメッセージ。英語に訳すと"Scholas works to build bridges between schools in the world and to promote peace"となるそうだ。

さて対象はここまでなのだが、同時入荷のこんなのを見せていただいた。結構きれいな仕上がりということ。
■Herpa Malev - Hungarian Airlines Ilyushin IL-62M [HA-LIA]
言われてみれば、大型機はOGのB762があるだけ。やっぱり見栄えがするなぁ。言われるとおりかなりの存在感、仕上がりもいい。久々のコレクションということでついでにお買い上げとなった。

さて清算を待つ間に店内をぶらぶら。うーん?そうかぁ。
■Herpa CSA Czech Airlines Ilyushin IL-62M [OK-JBI]
これもCCLでは△にしていた。大型機はA333が既集だがこれは2010年デザイン。A310が既集。うーーーーーーん、IL-62かぁ、いいなぁ。
即決であった。

なんとIL-62だけで3機もまとめ買いするという、たぶん日本人としては珍しいまとめ買いとなったのであった。
今年はこれで打ち止めになるか。

せっかくなので集合写真を。
s-20161221-3.jpg s-20161221-5.jpg

デジカメの限界かなぁ。被写界深度が狭すぎる。もっとライトアップ工夫しなきゃ。いよいよLEDのライトを工作するか。コンテナも途中で投げ出してるのにこりゃオオゴトだな。
編集 / 2016.12.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今年のクラブ会員モデル 続報
カテゴリ:  新コレクション
やはり今日届いていた。

■Herpa Meraj Airlines Airbus A300-600R [EP-SIG] "United to Conserve"
Wings Magazine 6/2016とクラブ会員向けの今年の無料モデルである。
なかなかエキゾティックな雰囲気が漂う。
s-20161212-1.jpg
編集 / 2016.12.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
週末は乗り物三昧、その中でも1機確保
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
何だかんだとイベントの多い週末だった。

11/30(水)。午前中の仕事を終え、そのまま東京出張。1430伊丹発羽田行きJAL120便。B763の後方窓側。例によってエアバンドチェックしながらだっただやはり発信分しか明確には聴けない。羽田のタワーは比較的明瞭。着後例によって秋葉原の中古店さんへ。前回訪問時に気になっていたヤツである。

■Inflight500 SAS Scandinavian Airlines SNCASE Se-210 Caravelle III [LN-KLR]
コレクションの穴をきっちり埋めるこういう出会いがうれしい。しかも格安である。

その日は御満悦で新宿で知人と酒盛り。
翌12/1、2は多摩センターで研修。この年になって研修はなかなかきつい。12/2(金)研修を終了後ダッシュで都心へ。1852東京発新潟行きMAXとき341号に飛び乗る。結構へとへとであるコール無しで新潟着。子供の部屋で一泊。
12/3(土) 0945新潟発両津行き佐渡汽船あかねにて人生初の佐渡島へ。ここは1等席を奮発し一番揺れると言う正面最前席へ。時化が収まりきらずに案の定かなりの揺れだったが元来船には強いので問題なく船旅を楽しむ。子供が仕事でお世話になっているのとブラタモリ巡礼もかねてレンタカーで観光地巡り。シーズンオフなので観光地はどこもレストランは閉鎖中だった。その代わり夜の寿司三昧と地酒を楽しむ。翌12/4(日)レンタカーを返却し1300両津発新潟行き佐渡汽船のやはりあかねにて戻ってきた。港から新潟駅まではバス。1時間ほど子供の部屋で休憩し駅前から空港へ。翌日人間ドックだったためアルコールは抜き、ということで新潟空港で日本海上にぎりセット2800円を奮発。これまたいけるがノンアルコールビールでの食事となってしまった。1840新潟発伊丹行きJAL2250便はE170。前線接近で大揺れ、伊丹空港到着時は土砂降りだった。これまたタクシーを奮発しようやく帰宅。なんかしらんが疲れた。佐渡のたらい舟も含めて陸海空大体の乗り物に乗ったことになる。

ついでに翌12/5(月)人間ドックを終え休日予定が急遽出勤に。急転翌日から顧客先に貼り付きが決定し、直行直帰三昧である。なかなか気が休まらない上に昼休みを利用した新製品リサーチも出来ない毎日。うーん、忘年会1回パスしようか。
編集 / 2016.12.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
土曜日のお呼出とは・・・MILANO EXPO
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
特別塗装機はコレクションランクを下げた・・・はずであった。が、やはりきれいなモノは食指が動いてしまう。しかもペアとなればもう一方の片割れを見過ごすわけには行かない。

というわけでお呼びのかかった新大阪店さんへお参りする所となる。VR-160でITM-TWRをモニタリングしながらのドライブである。

■Herpa Etihad Airways Airbus A330-200 [A6-EYH] Expo Milano
Sky500のAlitaliaと並べてみる。双方とも上手く処理したデザインだと想う。ファッション博覧会かと想った位である。ミラノ万博も予想以上の入場者で盛り上がったとのことで何よりである。まああまり極東の人間としては内容は全く知らなかったが。
s-P1060951.jpg

しかし、2025年の大阪万博も同じように盛り上がるだろうか。想えば1970年の大阪万博の時は、日本中が好景気に沸き、これから始まる豊かな生活に希望一杯に満ち溢れていた時代だった。人類が初めて月に降りたち、日本中に高速道路が整備されて誰もがマイカーを手に入れ始めていたあの頃、伊丹にB747が就航する直前で海外旅行の一般化が目前だったあの頃、海外への憧れが頂点に達していたあの頃、一方で公害の垂れ流しや交通戦争が話題になっていた頃である。漠然とした期待と不安が日本国中で沸騰点にあった頃に開催された。「人類の進歩と調和」というテーマがまさに時代を象徴している。あの時代だから岡本太郎のあのべらぼうな太陽の塔が建ったのである。2025年のテーマは「人類の健康・長寿への挑戦」らしい。ネットの時代、グローバル化の進展によって世界のオリジナリティとアイデンティティが急速に薄れつつあり、地球がますます矮小化されて、狭い地域での小競り合いと温暖化が進む今の時代で博覧会への熱狂は昔ほどではないだろう。まあ色々いわれているが、地域の基盤というか活性化といった矮小化された目的であってもいいんじゃないかと言う気がする。イベントをきっかけにすれば動かないことも動き出す様になることもある。東京オリンピックのようにJALとANAがスポンサーになって揃って特別塗装機を飛ばすほどの盛り上がりになるかどうか。こんなおしゃれな特別塗装機を飛ばすようになるんだろうか。
編集 / 2016.11.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード